上手く行かないのは何故かを、ちゃんと考える

事業や企業で思うように業績が上がらない

賭け事や投資で大損失をする

どうして、部下や上司は判ってくれないのだろう

この提案の、どこが悪いんだ

自分も誰しもそんな中にいるので、出来れば上手く行きたいものだ

どうやったら上手くいく
どうやれば、大儲けできる
そんな話は、溢れかえっているが

「こうすれば上手くいく」などという学習より
どうして最終的に上手くいかなかったか、損を招いてしまった状況や理由などを深掘りすると
今より少しだけ先に進める
失敗パターンを知り得ることはとても大きい
成功体験より、失敗体験の方が断然多いし、人数的にも失敗の方が圧倒的に分があるのでは
例えば、マーケットなどの投資でも手数料や税金を除けば、お金の勝負は半々なのだが
人数は、負け組の方が多いはずだ
人として負けてしまう心境や意識に基づく判断状況を知ることで、変わるんじゃないだろうか

こんな事を最近は真剣に考えている

もちろん、保守的な考えではない

一時的な損失は、失敗ではないことを付け加え
むしろ、必要損である

それらのことが上手く行っていない時の
多くの状況として、親子関係が上手く行っていない事が多いそうだ

# by usui1966 | 2017-03-28 23:02 | Comments(0)

もう一人の自分

今日、仕事を少しだけ広げることにした

大したことではないが
相応の時間と資金と、スタッフの協力も不可欠

規模は小さく、リスクも少ないのだが
進めるにあたり、少々迷っていた
この迷いの正体は、将来解るのかしれないが
とりあえず始めることに
迷わない時も、迷った時も、まずは始める

今回の案件には当てはまらないが
何かを新たに始めようとするとき
多くの場合において、不安定現象と出会う

多くの自信とは裏腹に
迷い、戸惑い、不安、恐れ
恐怖感のようなものと対峙することがある

起こってもいない将来的な事に対して
勝手な想像を巡らせ、ビクついてしまうような現象だ

ただ、この現象は
始めた瞬間から無くなることも多い

自己防衛本能というのか、現状維持能力とでもいうのか

人は、無意識に今のままの自分でいようとする
収入が減るのは嫌だ、傷つくくらいなら今のままの方が

「自分は変わりたい」と思っても
不思議なもので、根拠に乏しい将来的な不安を、自分自身であおって
新しい自分へと変化することを、自分自身で常に妨害して拒もうとする

そんな時は
「また来やがった」と嘲笑ってやれば良い

そうすれば、もうこの程度の事では、奴は現れない
逆らい、前に進んだことで
今回の奴のミッションは果たせなかったのだ

ただ、次のミッションを虎視眈々と狙っていることは間違いない

その時のために、こちらも準備を備える

# by usui1966 | 2017-03-27 23:09 | Comments(0)

無意識

『潜在意識』
よく聞く言葉であり
人生にとって、かなり重要と思っている

違うかもしれないが
潜在意識とは備わっているもので、例えば意識する前の感情などが、その一つではないだろうかと解釈している
潜在意識=無意識 とも言われたりする

人を作るのは、2%が意識で、残りは潜在意識だという人もいる

例をあげれば切りがないのだが
同じ出来事でも、悔やむ、恨む、諦める、逃げる、平然、挑戦、喜ぶ、感謝
それぞれの潜在意識が、無意識にそう囁いている
そして、その後の道になる

判断するときの基準や価値感が全く違う

自分でも気がつかない無意識が
自分のほとんどを作っている、というのもうなずける

『人の器』という一言で、長く片付けてきたけど
潜在意識と置き換えると理解がしやすい

自分に対しての、無意識の決めつけ
良くも悪くも「自分はこんなもんだ」と思えば、そんなもんになる、そんなもんにさせられる

成功者は、自分では努力しているとは思っていない

潜在意識は、今からでもいくらでも変えられるらしい
じゃあ、どうやって変えるのかは勉強不足で判らないが

「さあ、明日からは意識を変えるぞー」と意識しては無理なことは解る

# by usui1966 | 2017-03-24 22:07 | Comments(0)

行動力とキャパシティ

ここ数日、テンションが低い
今日などは、ものすごく低い

やる気のエネルギーが低下

凡人には、こういう時もある
だが、無い方が良いし、早々にエネルギッシュにならないといけない

これは、疲れから来るものなのか
特に精神的な事のような気もしている

やるべき事を、自分でどんどん増やして
新たなテーマが増えて、疲れてしまっている気もするので
この辺りを解決しなければならない

精神的な事であれば、身体的な事では無いので
考えを整理する事で、バランスを取り戻せる

最近、若い投資家の話をyoutubeで見ているのだが
成功の道で「行動最大」という言葉があった
とにかく行動あるのみ、最初は100あるアイデアでも、その中には5つくらいしか成功は無いので
とにかく行動して、全部行うしか無い
場数を踏めば、その確率も増えるが、やはり行動しか未来の自分を変化させる事は出来ない

全く共感で、その投資家より先輩の分改めて確かめる部分と
新たに勉強になる部分も多い

どんなに、良いアイデアや、すごく勉強しても
それらを形にしない人は、全く成長しない
それが、良い結果にならなくても、次の糧にするだけ

「行動に迷ったら実行する」と言っていたが、全く同感だ
迷うとは、潜在意識が迷わせているので、ダメだと感じることには、そもそも迷わない
「まずはやってみろ」ってことなのだろう
やらなかった事に後悔するようでは、今の環境は維持できない

そんな事達が、いっぱいあって
泣き言を言っている気もするので
こうやって、整理する事で
自分の行動は正しい判断で行われていると自問する

自分の判断で行っており、やらされているわけでもなく
自ら望んで好きでやってるんだから
これでテンション下げてたら、話にならないわ

# by usui1966 | 2017-03-21 22:47 | Comments(0)

記録の責任

下の娘も、大学を卒業した

会う度に変わる進路だったが
結局、この先は柔道とは離れるようだ

どんな理由にせよ
親は、子供を死ぬまで応援するべき生き物なので
本人の選択を重んじたい

何年やったんだろうか柔道?
正に「お疲れ様でした」という感じ、これ以外の言葉を思いつかない

車内に放り投げてあった
講道館杯と全日本学生のパンフレットを大事にしまう
いつもは、捨てちゃってたりしていた、記録を残す意識が足りない

子供たちの子供に
お母さんの記録を、少しでも残そうと思った

# by usui1966 | 2017-03-20 21:32 | Comments(0)