思考と出力の時

変化を求めると
頭の中も変化する

例えば、新しいことなどを模索すると
どんどん、その事柄に頭の中が埋まっていく

当たり前のことかもしれないが
これを、集中とよびたい

今までにはない、モードに突入するのだ

新たな発見や発展なども、この時期に生まれる

「よしやるぞ」と本気で思わない限り、このモードには入れない

考えようとして、考えるのではなく
無意識に考え、試行錯誤をしている

この様なモードに入ると
それほど時間はかからない
時間をかけても、いい思考は生まれない

独りでの瞑想も効果を発揮するし
意見は違えど、価値観の合った人との雑談などでも、アイデアや発展は多いものだ

こんなモードに入っている時は、とても重要なアウトプットのタイミングだ

by usui1966 | 2017-02-14 23:21 | Comments(0)


<< 自然体は難しい 嫌われる勇気 >>