自然体は難しい

嫌われる勇気

業界からは嫌われているであろうし
友達も少ない
会社のスタッフからも、どの程度の信頼があるかも不明

自己分析をすると
思ったままに発言をする
自分の意見を押し付ける
ものの言い方が下手

人として嫌われる
己も、こんな人は好きになれるだろうか?

しかし、これで良いとも割り切っている

体裁重視、八方美人、嫌われる事への臆病、いろんな言葉はあるが
賢い人には、そんな薄っぺらな化粧は、すぐに見破られてしまう

正直に生きることは難しいかもしれないが
自分に正直に生きないで、どこに正直な自分があるのだろうか

思いを発信した結果、マイナスに向かうこともある
今後は学習すべき事柄と反省をしつつ
じっと、今後に出会えるであろう数少ない賛同者を待ち、探す

とは言っても、正直に生きるとは勇気がいるものだ
自分に正直にあろうと、自我を出しすぎて誤解を招く
思いとは、違う方向へ進んでしまいがちだが

「嫌われる勇気」とは
自分に正直に生きる覚悟だと思う

誰に、なんと思われようが
自分が納得していることって、清々しいものだ

他人の評価ではなく
自分の自己評価が大事なのだから

by usui1966 | 2017-02-15 00:04 | Comments(0)


<< 日本人の常識 思考と出力の時 >>