新たな描き

今月、二人いる娘の次女が就職した

いちおう 金銭面での保護者の役割は終了

あるドラマでのセリフが忘れられない
「男の三大不良債権は、女房、子供、住宅ローン」
笑えるジョークだが、現実に男にとってはずっしりと重たい責任でもある
ただ、これらに多くの力を注ぐことで、多くの幸せももたらしてくれた

債権というと例えが悪いが
その、三大不良債権が30年ぶりに無くなった

今月、新入社員が入ったが、年齢は30歳だ
彼が生まれた年から、3大のうちのどれかしらを抱えながら励みにもしてきた
1つの時期もあったし、2つの時期もあった、3つは無かったが
3つとも一通りは経験した

今は何も無い、そんな状況の春である
三大なんちゃらだけ考えれば、二十歳に戻った
体力的なものを除けば、知識と経験や他もろもろを持ったまま、30年前にタイムスリップした
よく考えると、特別な春なのかもしれない
今までも、いつでも、何でも出来たが
これからは特別にチャレンジができる気がした
いや、動かない事は罪悪感すら抱く

50歳、身軽、経営と向き合って30年

今までのスキルと、これからも続く勉強で
踏み込んだ事の無い世界を体感したい

そんなイメージが描けた

自分にとっては、描けるかが重要なポイント

[PR]
by usui1966 | 2017-04-08 21:03 | Comments(0)


<< セミナー 判断 >>