バタバタの講道館杯

山本勘助を読み始めた
あえて大河ドラマの風林火山は避けて
別の勘助から触れてみたい
足は悪いようだが、片足ではなかった(いい加減な記憶力)
この本を読んで、何を学べるだろうか、楽しみだ

MINIのクラッチペダルに違和感
戻し終わるときに変な感触がある
走りには影響していないが
気になって気になってしょうがない

講道館杯に行くか?
まだ迷っている
634さんのブログにも書いてあったが
欠場選手の問題を改めて考えさせられた
いつも観戦に行っている人にとっては
講道館杯には「代表トップクラスは出場しない」が普通の認識
逆に出場すると「えっ出るんだ」となる
しかし、よくよく考えると
トップ選手の欠場者が多すぎる
井上や鈴木も出ると言っていたのに、結局は……
時間とお金を使って見に来る人には大変失礼な話だ
「だったら最初から出るなんて言わなきゃいいのに」と思ってしまう
みんな怪我とかだが
明らかに講道館杯を軽んじている
または、その逆か
伸び盛りの高校生や無名選手に負けたら……
試合数も多く、死にもの狂いの若手
どんな番狂わせがあるか判らない
「ここで負けたら取り返しがつかない」
そんな弱気・逃げ腰を感じてしまう
本人が決めた事とは思うが
上の人が不甲斐ない結果に「講道館杯から出て出直しだ」と言ってみたり
間際になってオリンピック選考をふまえ「ここは辞めておけ」と言っているようにも
一ファンのチュウには感じてしまう
その点、谷なんかは自分の出場する試合を厳選している
出場すると決めれば、そこへ向けて確り調整する
観客、ファン軽視の成り行き
全日本の試合会場が盛上らないはず
最終選考でも出ないの?五輪じゃないから出ないの?
一流選手だからこそ
安易な欠場はしてほしくない
[PR]
by usui1966 | 2007-11-13 23:59 | Comments(2)
Commented by いちご at 2007-11-14 23:21 x
MINIのクラッチペダル、見てもらった方がいいですよ。2年くらい前、トレノの「クラッチペダル、ぎこ~ってなるなぁ」「変な感じ」と思っていたら、ガコン・・・ガクガク・・・バチン・・・ 焦って路肩に寄せて停止。クラッチワイヤーがぶちきれてしまいました。だんなが修理して、復活した時は嬉しかった~!メンテナンスは大事です。
 選手のけがといえば・・・今日の乱取りで右のふくらはぎに相手のかかとがヒットして、痛い痛い・・・。冷やしてますが、しばらくは故障個所を使わないトレーニングになりそうです。
Commented by チュウ at 2007-11-15 17:20 x
まさしく、ぎこってます
まず自分で見て注油してもダメなら修理出したほうが無難ですね
またこれが見え難いとこにあるんですよ……
いちごさんはいいなぁ、旦那さんに修理してもらえて


<< 三種の神器『時計』 柔道フェスタ 横浜文化体育館 >>