講道館杯の日は、634さんとの日でもある

講道館杯の日
毎年この日は、広島の友634氏と会うのが恒例となっている
通常なら試合会場の千葉ポートアリーナなのだが
今日は新宿で会うことにした
初日の女子を見るか、ギリギリまで検討していたが
634さんは男子を観戦予定
1人で行くのも寂しいので、今年の千葉は見送った
前日、子供達から「明日の試合に乗せて行って欲しい」と頼まれたが
突然であり、事前にチュウから誘っても、まず良い返答はないので
講道館杯と子供達は無関係と考えていた
親との観戦はノーサンキュー、仲間との観戦だから行きたい
そんな遠足気分が抜けない、2ちゃん風に言えばまだまだ『厨房』
相原中OGも4人出る、茜が来年お世話になる高校からも2人出る
もっと貪欲にTOPクラスの柔道を見てもらいたいが
なによりまずは、数多く全日本の試合を観戦し、会場の空気に触れることも大事だ
自分とは別の世界ではなく、「自分も必ずあの場所に」
そんな欲望とイメージが湧かないと立つことは出来ない
全中だってIHだって同じ、思い続けられなければ権利もない
どこまでイメージ出来るかが、役者の違いでもあるが

634さんには、毎回、広島からわざわざ大変だなぁ、と思うが
ヨーロッパ、世界選手権、五輪にサクッと行ってしまう人
国内なんてどこも近いのだろうな、と感心する
一柔道ファンでの、その行動力は
おそらく634さんは日本一だと思う
一般父兄のチュウとの出会いは、たんなる偶然
新宿の焼鳥屋に5時間も居た
柔道の話も盛り沢山だが、会って話すとき
いつも、お互いの価値観を確かめあっている気もする
価値観は違っても良いが、理解出来ないズレからは信頼は生まれない
年齢こそ10歳近く離れているが、毎回勉強させられる
話の内容も、ジャンルを超えマニア的だ
なんの話題でも、時を忘れて話が出来るのが友の証だろう
年齢は関係ない、そんな雰囲気もない
いつかは、柔道観戦にフランスへ
そして634さんにパリを案内してもらいたいと願っている
[PR]
by usui1966 | 2007-11-17 23:58 | Comments(0)


<< 新たな風 三種の神器『時計』 >>