<   2007年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

d0003009_10225015.jpg

選手権に来てます
[PR]
by usui1966 | 2007-04-29 10:22 | Comments(4)

小説が本になった!(1年掛かり)

ついに完成!
d0003009_8471942.jpg
新井先生が予定より多く作ってくれました
バンバン配ります
[PR]
by usui1966 | 2007-04-26 23:59 | Comments(4)

町田の大会

町田の大会
娘達は出ないが、相武館の仲間が出場している
この大会は2年前、杏が飛び込みで出場した
数人抜いて、大きい子を担いで一本と思ったが技あり
その後返し技くらって一本負け……
その際、怪我をした、全国大会前だというのに
この時、大きな勉強をした
いきなり試合に出すことなど、絶対にしてはいけない
本人の心の準備が出来ていない
杏も○月○日は試合、と長い時間をかけて準備をする
稽古面もそうだが、特に気持ちの準備が大きい
この日も、試合に出ることを嫌がり拒んだ
試合は嫌いではないはずなのに?と思っていたが
それは、自身で準備してきて向かえる大会のこと
同じ試合でも、本人にとってはまったく性質が異なることを知った
そんな苦い思いをした大会だ

中学生の試合が目的だったので昼頃行く
小学生の試合が終わると、一旦昼休みに入るので、その頃で十分
銀ちゃんの娘さんも出場していた
杏たち相武館の1年生が見ている中での試合、やりにくかったのではないだろうか
レイシン・ナカスポ・コシン、おやじ~ず系の子供達同士の戦い
関連の子供達を応援し見守ることも、おやじ~ずの方針
子供を他所に、父兄と指導者の場外試合も行われていた……

相原、新戦力の顔ぶれ数人も初めて見れた
県外の1年生は男子しか試合に出ていなかったので
女子たちはどんな柔道をするのだろ~か、早く見てみたい
この子たちが、チュウを認識してくれるのは、もう少し時間がかかるだろう

ちっちゃいのが、足をツンツンと突っつく
館長が孫を連れて会場に来た
皇后杯の平井希ちゃん情報を聞く
2回戦突破!次勝てば63キロでベスト8だ、TVにも映るぞ
と、期待して家で録画を見たが、残念
館長は「勝てる」と言っていただけに、本当に残念だ
前回の美里ちゃんといい、もう一回勝てばTVというところで敗れている
でも凄いと思う
世界選手権の谷本次第で、他力本願ではあるが
希ちゃんの北京は大いに可能性がある

新井先生が、小説の見本を持ってきてくれた
見本と言っても完成品、版画で言えば「ED版」感動だ
記念すべきED版は、ミッチにあげた
自分が書いた小説が形になる、こんな嬉しいことはない
いよいよGW中に完成する
新井先生、ありがとう
[PR]
by usui1966 | 2007-04-22 23:59 | Comments(6)

己盡塾が出稽古に来た

今日は、己盡塾 富吉道場の方々が出稽古に来てくれた
塾長の冨吉先生は、約3年前に現道場を開く前
一度古谷塾へ1人で来られた
「これから道場を始める」と言っていた先生が
立派な道場を立ち上げ育て、今日改めて出稽古に来てくれた事は大変嬉しい
本来、古谷先生の言葉だが、チュウも同じ気持ちだ

塾やらで最初4人しかいない古谷塾
アリ歩き・おんぶ走りを先に始め己盡塾の皆さんを待つ
沢山のワンボックスカーがやって来た
10人以上居ただろうか、途端に道場が活気づいた
通常のサーキットを準備運動として行い
寝技の返しは道場の特性が強いので無し
乱取を主に行った
遅れてきた古谷塾の子供達も合流して
さらに賑やかになった
他の道場の稽古をマジマジ見たことが無いので、比較対象を知らない
当道場の稽古内容はどうだったんだろうか?
休憩も笑いも少なく、黙々と行う稽古
己盡塾の子供たちの感想が気になる

銀ちゃんと1杯できれば、なお良かったがまたの機会に
今後も定期的に来てくれれば嬉しく思う
古谷塾は毎日やっているので、受け入れはいつでもOK

その後、キクちゃんと1杯行った
軽くのつもりが、結局閉店まで居座る
[PR]
by usui1966 | 2007-04-20 23:59 | Comments(2)

近柔の写真

近柔杯の写真購入締め切りが迫っていたので
再度Webページを開いた
現場には沢山のカメラマンが居たので
今回の写真総枚数は、14,000枚くらいあった
1回戦から試合場ごとにモーラされている
ほとんどの選手が写っているだろう
茜は準決勝、決勝と出させてもらったので
数十枚の写真があったが
どれも顔が情けない……
ビビリながら臨み、さぞ試合も苦戦したのだろうと、写真を見て判断できる
そんな中、1枚だけまともな写り方があった
高いので買うか迷っていたが
記念集合写真と共に、一番ちっちゃい版を2枚だけ買った

コピペしようと思ったら、さすがにガードが固い
「ダメだ買うしかない……」で、2枚だけ買った

今日20日に近柔が届いた
定期購読は、書店に並ぶより少し早く届く
近代柔道だから、とうぜん近代柔道杯は特集される
今回、女子は第一回という事もあり、特に扱われている気もする
体重別の5人制、いい大会が誕生したと思う
早速、近習杯特集を見る
「お~~写真が載ってる」
準優勝のトロフィーを前に置いた集合写真(この写真は全柔連のトップページにも使われていた)
それと、チュウも選んだ茜の写真がカラーで載っていた
d0003009_1926409.jpg

チュウが買った2枚が、そのまま掲載されていた
まぁ~あとの写真は情けないのばかりだから……(よかった、その写真で)
記事の内容は……、苦戦した引分けがうかがえる
しかし、準決勝、決勝に出させてもらえたから
写真も載り、一言ながら記事にも載る
大変ありがたく、記念すべきことだ
だが、来年・再来年は杏も出場して優勝したい
もっとでっかく、もっと長い文章で掲載されたい
毎月扱われる選手になってもらいたい

5月3日(木)テレビ東京 10:00~
相原中にスポットをあてた近柔杯の放送がある
引分けゲッター茜の試合は期待できないが
どこかに映り込んでいるかも?
茜ウォーリーを探さないと
[PR]
by usui1966 | 2007-04-20 23:59 | Comments(3)

使命

GWにかけて柔道予定が色々と

講道館での高段者大会、全日本選手権
子供たちの予定も色々
町田、相模原市民選、柔道まつり、群馬、埼玉……
出るものもあれば、応援のものも
チュウも何に行くか検討中
高校もあるし
どこで、誰に会うのかも楽しみだ

夏の大会まであと3ヶ月
毎日を、じっくり噛み締めながら、大切にしてほしい

使命『昨日より強くなる』
[PR]
by usui1966 | 2007-04-19 23:59 | Comments(1)

短編小説 ―『品質保持期限』 と 『賞味期限』―

これは、ある家のある男の話

男は、仕事が早く終わり帰るものの、家にはまだ誰も帰ってきてはいない
この家の家族が集合するのは、夜10時ごろ
男は録画しておいた『その時歴史が動いた』でも観ながら
好きなビールでも飲もうと、飲み物専用の小さな冷蔵庫から、グリーンラベルを取り出した
観ている『その時は……』信長と道三の話
面白いTVは、いいつまみにもなるのだろうか、すぐに缶に重さを感じなくなった
新たな缶を取り出し、何かつまみは、と冷蔵庫を探す
奥にかすかに見えたチーズの箱、2種類ある
一つは、開封してある薄い円柱形の箱、中を見るとビザカットしてアルミ箔でまいたものが2個入っていた
開いている物から食べるのは人の心理、男はチラッっと円柱の箱を裏返し、賞味期限を確認した『06/04/01』
「今日は? 18日、まだ平気」
男は少々の賞味期限切れなど、気にしない性格のようだ
番組もビールも進み、2個のチーズがなくなる頃
もう一つの箱を取りに行った
開封されていない『カマンベール』
やはり男は箱を裏返し、チラッと日付を見た『04/・・・・・・』
男は『04』を確認すると、その後の月日まで見る余裕は無かった
「ま、まさか……」
表記を見ると、そこには『賞味期限』とは書かれてはいない
表記は『品質保持期限』、聞き慣れない表記に戸惑う男
「な、なんだこれは、賞味期限じゃないから大丈夫なのか?」
男はもう一つ気になっていた、この冷蔵庫の購入時期だ
「たしかこの冷蔵庫も……」
ネットオークションで購入した冷蔵庫、あわててオークション履歴を調べる
『売切り!★日立PAM冷凍冷蔵庫★410L★自動製氷付 (終了日時:2004年 5月 28日 23時 9分)』
「に、2004年…………」
だが男は、『品質保持期限』の表記に僅かばかりの可能性をこめて、中身を出しカマンベールを眺めていた
それは食べようと思ったのか? または興味からなのか、知るすべは無い
ただ、そっとつぶやく
――この白いカビ皮は、食べられるのか?
元々そういうものなのか、悪性に育ったのか? 相手がカマンベールだけに判断が難しい
男はそっと冷蔵庫に箱を戻すと
「ん、まてよ」
何かが頭に甦って来た、機械的な数字の印字『06/04/01』
今食べたチーズの箱をゴミ箱から取り出した
「ゼロロク…………開封済みのゼロロク……」
男は少々の賞味期限切れなど、気にしない性格のようだ
しかし、『品質保持期限』の意味は気になり調べると全てを理解することになる

『2003年2月18日、品質保持期限表記を廃止して賞味期限表記に統合する事が決定された』
2005年までは両方混在していたようだが、要するに同じ意味と男は知った

この作品は小説でありフィクションです、実際の人物・内容・出来事などには一切関係ありません
[PR]
by usui1966 | 2007-04-18 23:59 | Comments(0)

富士山盛

暇つぶしに、最近オープンしたという都築の『ララポート』へ行った
道中、駐車待ちの車が並ぶ「蕎麦屋」を発見、気になる
ララポートといえば、千葉のオープンに携わったが
オープン後に店内に入るのは初めて
色んな店舗が入っている
美術関係が充実している
会員制製作ブースは面白かった
個室が並び
陶芸、版画、溶接、木工、皮細工、……ets
各小部屋では、様々な作業が出来る道具が揃っている
面白いが、ちょっと遠い

帰りに気になる蕎麦屋に立ち寄った
「なんでこの店人気なんだ?」秘密が知りたくなる
秘密の1つは直に判った
蕎麦の盛り方が無料で選べる
『普通』 『大盛』 『富士山盛』
たとえば、もり蕎麦だったらどれも500円
貧乏性なので、富士山盛を頼む、茜も富士山盛
初めての店に行くと、メニューを眺めるのが好きだ
「富士山盛継続の為に、食べられる量を……」と書いてある
しかし、はじめて来たので、どの程度の量か判らない
隣のお客の品を従業員が運んできた
「こ、これが、もしかして富士山盛!?……」
や、やばい、食いきれない
それはまさしく、日本一の富士山を当てはめるに相応しい盛り方
写真が無いのが残念だ、そびえ立っていた
茜はすぐさま、大盛に変更
チュウとミッチはそのままで待つ
茜の大盛が来た、それでもかなり多い
茜、食いきれないでミッチへ
チュウ、セットメニューの三層に重なったもり蕎麦、1セイロ食いきれずミッチへ
並もりを頼んだ杏も、ちょこちょこ手伝ってくれて完食
なんとか残さないですんだ
先に帰った隣の富士山盛の客は?テーブルを見ると
「残してるよ……」
残した蕎麦を、器いっぱいに広げていた
極力目立たないように、そんな努力が伝わると、逆にむなしい
「精一杯戦ったんだな」

そういえば、今日は「関東親子大会」
すっかり忘れていた
まぁ~子供に「行くか?」と聞いても、行かないだろう

夕食は、誰も食べなかった(ミッチを除く)

せっかくなので、ネットで写真を探した
これが『富士山盛』だ!
d0003009_1281977.jpg
[PR]
by usui1966 | 2007-04-15 23:59 | Comments(1)

相鉄杯

相鉄沿線杯を見学
横浜の部活動中心の大会だが偵察に行った

数年前までは部活動の選手たちを、それ程注目はしていなかった
道場でやってきた経験の差は、1年~2年では埋まらないと思っていた
しかし、おやじ~ずで学校顧問の熱き先生方と語るうち
考え方も変わってきた
「危険だ!侮ってはいけない」
横浜に限らないが
特に横浜の顧問は熱い
「道場系選手に負けてたまるか」とメラメラ燃えている
実際に熱き顧問が付いた学校の選手は
急成長で強くなっている
油断大敵、必ず足元をすくわれる
今後、子供達にも十分に解らせなければならない
「以前勝ったから」などのデータは無と考えるべき
成長度は相手の方が大きい
楽な相手などいない
スキを見せてはいけない
気を引き締めて、追いついて来れない稽古をするしかない
[PR]
by usui1966 | 2007-04-14 23:59 | Comments(2)

OYAじ~Z’1周年

おやじ~ず
本当の1周年は、3月に行われた鶴見杯の日にあたると思うが
その時は参加できなかったので、チュウにとっては今日が1周年記念

相鉄杯終了後
大和に23名が集合した
半分は学校顧問、充実したメンバー
総会と言っても良い『OYAじ~Z’ in YAMATO』

教育問題が騒がれている中
学校の先生が居るからといって
再生委員会よろしくもどきの話など野暮
そんな会話はみじんも出ない、思いつかない
話す事は柔道に関することのみ
それ以外は時間も興味も無い

今日の良かった点
素晴らしい点の一番は
「絆」だろう
公立の教職には当然移動が伴う
「今度、私の後に○○中の柔道部顧問になりました○○先生です」
と紹介していただいた時には「素晴らしい」と感じた
または、赴任してきて、新たに柔道部顧問になった先生の紹介
さらに、卒業生の若い新コーチの誕生
「すげ~な、おやじ~ずって」と素直に思った
こうやって、どんどん広がる
1年間でこんなに素晴らしい会になった
あと10年もすると
もしかして、娘がおやじ~ずに参加してるかも
などと想像してしまった
[PR]
by usui1966 | 2007-04-14 23:59 | Comments(6)