<   2008年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

タイヤ交換

MINIのタイヤを2本買った
1本@3,700円、安い
『145/70R10』単純に細くて小さいから安い
既存の前輪を後ろへローテーションしようと思ったら
何かがあたる、キャリパーがあたってる……
ディスクブレーキの不良取り付けが見つかった
とりあえずローテーションはしないで我慢する
車検の時に相談しよう(文句を言おう)

「タイヤには窒素ガス」と薦められたので、迷わず入れた
窒素ガスのほうが抜けにくいらしい、知らなかった
1ヶ月に一回は、空気圧を見て入れていたのでありがたい
空気が抜けやすいのは、古い『むし』のせいかとも思い、交換してもらった
『むし』とは空気を入れるところ、他に呼び方があると思うが、なんて言うのだろう?
窒素ガスはいつでも無料で点検・補充をしてくれるようだ、まめに行こう

ガソリンを入れると、レシートにまずメーターの距離をを記入する
戻ってから、エクセルで作った計算式を入れた表に入力
メーターは一個だから引き算しないと燃費が判らない
さらにマイルだから、1.6倍しないとkmにならない
それで、タイヤ交換したとか、オイル交換をしたとか、ここが壊れたとか、記録を残す
種類とか細かく書いている
我ながら「MINIの整備記録はまめに書いているなぁ」と感心する

ガソリンのレシートに
「このレシートを財布・手帳に挟んで入れる際は、印刷面を内側に折りたたんで保管してください」
そんな事が書いてあった
最近、過剰な注意書きが多い
食べ物じゃないのに「食べないで下さい」とか
後々の責任逃れなのか、義務なのか知らないが
随分、売り手も神経を使わないといけない世の中になってしまった
文句を言うやつが居るから、書く必要が出てくるのだが
じゃぁ新聞なんてどうなる
今でこそインクが良くなったからいいが
以前は手が真っ黒になったぞ
「新聞は素手で持たないで下さい」とか
「大便の際、お尻を拭くと黒くなります」とか書かなければならない
なんでもかんでも「そんな事、書いてなかった、言われなかった」と文句を言うやつが多いんだなぁ~と感じた
必要な事は明記も説明も大事だが
ちょっとは自己責任意おいて、自分の頭で考えろ、とも言いたい
危険回避は、察知するもの、予知するもの、予感するもの
読んでしか回避できないやつは、人のせいにする輩が多い気がする
by usui1966 | 2008-01-31 23:59 | Comments(0)

BOOK TV

昨日、10冊ほど本を買った
全部100円
本を書くのは、物凄く時間と労力を要する
書く人の知識と能力と勉強した事を、惜しみも無く詰め込んでくれる
それが100円で拝めるなんて「ありがたい」
礼をして読み始め、礼をして読み終わる、そんな心持
ボスニア・ヘルツェゴビナの本も買ったが
たまたまサッカーで対戦していたようだ、少しは平和になったのだろうか?

10代・20代の頃は、あまり本を読まなかった
それはそれで、今は良かったと思っている
若い頃に本を沢山読んでいたら
本に毒され、自分の考えを持たない人間になっていたと思う

本が好きになる代わりに、民放テレビがつまらなくなった
好きだった雑学バラエティーも
よく考えると、肝心の問題は数問
他は、芸能人のアホなやり取りと、CMばかりだ
その内容も、CSTVでよく見るものが目立つ
外国の番組を適当に編集しているだけ
報道番組も不満だらけ、偏ったニュース
報道で、庶民ウケや視聴率を考える必要があるのか?
日本は政権争いを=政治という不思議な国だ
日本のテレビは、ニュースも含めてバラエティー
メリハリが欲しいなぁ
テレビは暇つぶしになってしまった
by usui1966 | 2008-01-30 23:59 | Comments(0)

仕事に望むもの

某大手外食産業の業者会議に出席した
たまたま夜はその会社がTVで出ていた

昔の事だが、少しの間、そんな環境に身をおいていた事もあったので色々と思った

みんな、スペシャリティーな人間に一見感じる
みんな、熱い思いでビジネスに臨んでいる様にも感じるのだが
なにか違う風にも感じてならない

そのようなTVを見ていると、なぜか「ゾワゾワ」と寒気が走り、見ていられなくなる

今の環境は自分で決めた道
自分で考え、自分で判断し、自分で切り開き、綺麗ごと抜き、やらせ抜き、騙し抜き
誠実に考え、物を作り、考えと物を売る
組織に属していようが、自営であろうが、考え方は同じ
ただ、やり難いか・やり易いか、全う出来るか・出来ないか

仕事とはビジネスとは
けしてストレスを売る商売ではない
by usui1966 | 2008-01-29 23:59 | Comments(0)

最近ちょっと不思議に思ったこと

様々な人が政治家になる時代
政治には無頓着だが、政治家が重要だと言うことは解る
世界を相手に戦わなければならない人達だから
だから政治家は、限りなくスーパーマン、スーパーウーマンでなくてはいけないと思う
知性に優れ、ユーモアー豊かで、国語・外国語を正確に扱え、歴史・文化を理解し、道徳的で、国内はもとより世界情勢に精通し、先見力・会話力・交渉力・説得力・理解力、IQも平均上は必要だろう
これらは政治家としての最低条件で、あげればきりが無い
国民の代表なのだから、この程度は当然であって
常人では勤まらない、そのような人でなければ世界を相手になど出来ない
凡人には及びもつかないから人だから、国民や県民、市民の代表として張れるはず
政治評論なんてガラじゃないが
思ったから書いている
テストとか試験とかは嫌い
でも現実は、資格社会になっている
資格社会も嫌いだが、しょうがないとも思う
免許も無いのに車の運転をしたら危険だ
免許も無いのに手術をされたら
素人がビルを建てたらどうなる
非常識な裁判官に審判を受けたらどうする
では、適正能力を持っていない人間が、政治家になったら危険極まりない
そんな輩に国家代表権を与え、最高権力を持ったら……
なぜ、政治家になるのにテスト(試験)がないのだろうか?
『世界経済フォーラムダボス会議 』に福田首相が行くというが
ダボス会議で福田さんは、何を与え貰えるのだろうか
そんな能力が有るとは思えない
ダボスに集まるのは、世界のスーパーマンやスーパーウーマン達だ

政治家になるには、立候補する以前に
日本一、過酷で厳しいテストに合格して、権利を得てから立候補をするべきだ
東大に合格するほどの学力とか、偏ったものではなく
学力や記憶力も必要だが、もっと広く総合的なテストが必要だと思う
政治家こそ資格が必要だ
医者の息子だからって医者にはなれない
いつまで江戸時代を続けるのか
攘夷じゃないんだから、世襲で世界とは戦えない
今の状況では、選挙に行っても
『該当者なし』と書き続けなければならない
by usui1966 | 2008-01-28 23:59 | Comments(3)

anan

杏の県新人戦
3回戦負け
相手の選手が1枚も2枚も上だった
ずっと意識している選手
以前は体格差があったが、ここに来て体重が並び同階級となった
小学校の時は、まさか同じ階級でやるとは思わなかったが、なぜか並んだ
そして対戦も準々決勝とちょっと早い
「じゃ~やるっきゃない」気合だけは十分だったが
完敗だ……
下がっていた、気持ちが下がっていた
悔しい、とっても悔しい
チュウが悔しがっても仕方が無いが
杏も同じくらい悔しがってくれれば必ず次に繋がる
「あぁ~ん」と泣いていたからそれなりに悔しかったのだろう
負けて泣くんだったら、稽古して勝てばいい
骨のある選手とやって、スイッチも入っただろう
この敗戦は必ず活きる、活かさなければいけない

夜は新横浜で、おやじ~ずの面々と反省会
やま先生に親としての気合を注入してもらった
必ず最後は笑う
by usui1966 | 2008-01-27 23:59 | Comments(6)

ありがたい

茜の高校合格に大勢の方から、お祝いのお言葉を頂いた
ブログへの書き込みであったり、メールであったり、電話であったり、直接であったり
本当に多くの人に支えられ、見守られ、我々が存在していることを感じる
自分のお祝いより、娘のお祝いの言葉の方が断然に嬉しい
そして、高校へ行っても柔道を続けていってくれることが、なにより嬉しい
選手として、あとどのくらい続けるのか?
そんな事を考え始める年齢まで柔道を続けてくれた
後は、本人が納得する選手生命の終焉に向けて
自分の理想を描きながら、全力を尽くしてもらいたい
by usui1966 | 2008-01-26 23:59 | Comments(0)

合格

昨日は茜の入試
と言っても面接だけだったようだ
筆記試験があると思っていたが無かったようだ
本人も親も、入試で何を行なうのか知らない……聞いていない
1時間の入試で、何をやるのか不思議に思っていたが、面接だけと聞いて納得
質問内容は柔道に関する事や、課題作文に対しての質問(これも柔道)
かなり緊張したようだ
会社に就職希望をするみたいだ

翌日には合格の書類が届いた
入試の翌日に合格通知が届くのが不思議だ?
中の書類に目を通した
初めて高校の書類をちゃんと見たかもしれない
大変ありがたく、光栄な評価をいただき嬉しい、ちょっと信じられないくらいだ
今まで、高校の事など何も考えずに
ただ、中体連を目標に臨んできたが
その結果が進学での評価に、これほどリンクしていることを初めて実感した
中体連の3年間
神奈川県で新人戦が2回、夏の大会が3回、計5回、団体戦には縁が無い
1年の夏 3位、新人戦 優勝、2年の夏 骨折、新人戦 優勝
3年の夏 優勝、関東大会2回戦負け、全国大会2回戦負け
3年間、「しょぼい柔道、しょぼい柔道」と思っていたが
県での成績はそれなりに残っていて、評価に繋がったのだと感じた
柔道を辞めようか、近くの公立へ行こうか、などと、つい先日まで考えた事もあった
3年間、辛い思いの連続だったが
しがみつきながらも続けてきた茜は、人から評価される足跡を残していた
今までの事も、これからの事も、全ては修行で
一区切りの今、「よかった」と心から思い、感謝の念が高まる
ただ、この入学はご褒美ではなく、今後の期待であり義務ということを忘れてはいけない
義務教育は終了するが、新たな義務が生まれたのだ
高校柔道では、より判りやすい成績を残す事が必須
プレッシャーとの戦いにもなる
「結果を残せないものは去れ」プロの世界である
横須賀学院の名声を高めるために入学するのだから
by usui1966 | 2008-01-23 23:59 | Comments(6)

もう

「明日、何時ごろ出たら間に合うかなぁ」
と聞かれた
「明日どこ行くの?」
入試
 …………
そ そうなんだ……

試合の日はインプットされているのだが
by usui1966 | 2008-01-21 23:59 | Comments(2)

昨日の味方は今日の敵、観戦も辛い

金曜の夜から腹が痛い
もう3日間……ず~と痛い
19日、県武で春高の予選、高校男子が行なわれた
神奈川からは2校が全国に行ける
1校は東海大相模が鉄板、オッズは100円返し、賭けでいえば対象外
そして桐蔭不在、残る1校の争いが注目された
山先生率いる横浜に注目していた
すぐに強豪秦野とぶつかる
その勝者はすぐに相模と当たると、ナカさんから聞いていたが
どうやらこれは違うようだ、ベスト8~組み合わせ抽選
とても楽しみに、そして注目していたが
腹が痛くて行かれなかった……

結果が気になりながら翌日
体調が戻らないまま女子を見に行った
昼前に県武に入ったが
試合場は決勝戦
『三浦 VS 横須賀学院』
女子は少ないうえに、3人制、さらに各校の力の差が大きいようで
あっという間に進行していくようだ
昼頃には終わってしまう
茜も今年から世話になる学校の応援に来ていた
三浦と横須賀の力は拮抗している
相原のOGが三人、双方に別れている
どっちを応援するというより
どちらかの負けた姿を見たくない、そんな心境だった
試合前に「がんばれよ」と双方に声をかけたかったが
そんな余裕も無く試合が始まった
引分けのまま大将戦へ
相原OG同士の戦いの末、横須賀が去年に続き全国行きを決めた

横須賀の先生に「おめでとうございます」と言いに行った
負けていたらどうしていただろうか?言葉が見つからない
茜は、今年からの同僚・先輩とすでにうちとけている様子だ
勝った方だから雰囲気も良く、すでに一員となり団結の兆しさえ感じる
チャンピオンチームとして入学出来る事は
良い雰囲気の中、たくましいモチベーションで臨めるだろう

山先生を見つけて挨拶
早速昨日の結果が気になった
「力不足でした」と山先生らしい潔さと悔しさが伝わった
残念……
桐蔭欠場の知らせを知り、横浜の全国行きを心から応援していた
山先生は、個人的にもそんな応援をしたくなるような人なのだ
by usui1966 | 2008-01-20 23:59 | Comments(2)

昇段

茜が昇段審査のため県武へ行った
無差別だから、引分けもありそう
5人は厳しいかな?と思っていた
「終わった」と県武から
「これから帰る」と駅周辺から
2回電話があったが、結果は言わないし、妻も聞かない
ダメだったのか?と思っていたが
どうやら5人×1本で抜いたようだ
夏の県大会決勝の相手とも偶然あたり、少々ビビッたらしいが
全中出場者のプライドは保てたと、本人もホッとしているだろう
相原中は4人で行ったが
人数が多かったようで同門は分けてくれたようだ
いちごさんも居たようだ、しっかりポイントも積んだようなので
次に会うときには昇段してそうだ

証書は高校入学までには間に合いそうもないが
早々に昇段の目途がたったのはまずは良かった
あとは形だが、この形がまんず酷い
形で落とされるんじゃないか?と真剣に思う

夕食はチュウがカニ鍋を作った
雑炊がメインなので
昆布と鰹だしで、他はネギのみ
シンプルに炊く、これがカニ雑炊
甲羅は別鍋で湯掻く、じゃないと生臭くなってしまう
とっても美味かった
雑炊を考えるなら、ズワイの方が良さそうだ
by usui1966 | 2008-01-14 23:59 | Comments(4)