<   2008年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

夏 終了 沖縄へ向けてGO

中体連 神奈川県予選 個人
準々決勝で杏は
浜岳中の唐木遥選手に敗退
茜も先月のJr神奈川予選で負けた選手
中学生ながら、Jr関東でも高校生・大学生相手に堂々と渡り合っていた
杏が5年生の秋田 全小では
杏が3位に対して、学年が1つ上の彼女は準優勝
全中へも1年生から出場していた
完全に格上の対戦者であり、胸が弾む挑戦でもあった
48キロ級での出場を決めた時から
彼女との対決も決るということ
やると決めた以上は勝つ
相手が誰であろうと勝つ
茜が負けた事なんか関係ない

新人戦の52から48に落とした杏
48キロ級の相模原ブロックは
新人戦での結果が良くないので
ブロック優勝しても、どの山に入るか判らない
例え、今回のように相模原の1位は第一シードと当たる山と判っていても
わざと負けろとは言えないし、本人もそんな事は屈辱的だろう
狙うは、優勝のみ
関東はおまけ、狙ってなんかいない(神奈川開催だったから、ちょっとだけ出たかったが)
だから、唐木選手と1回戦であたろうが、2回戦であたろうが同じ
優勝しか考えていない選手には、組合せに良いも悪いもない
準々決勝、望むところだ!と団結した

胸に差し込むような試合が始まった
やはり相手の手数が多い
だが、いつ どちらにポイントが入るか判らない展開
「頼む取ってくれ、お前が勝つには取るしかない」祈るばかり
激しい攻防が続いた
どちらも消極的な姿勢は見せない
「指導 指導」などというアピールもお互い出てこない
互いに技が浅い、早く仕掛けなきゃ 先に仕掛けられる
途中、唐木選手が出血
杏の頭と口元がゴッツンコ、中断
お互いに必死、色々起こる
すると、この中断中にビデオが突然撮れなくなった
カメラを交換してもダメ、どうやらテープが逝ってしまったようだ
こんなことは初めてだ
もう試合が再開される、間に合わない、ビデオを諦めた
肉眼で試合を見守る
普段は、液晶を通してしか試合を見ないので、とても良く見えた
「肉眼で見なさい」とのお告げだろう
もしかして、極限の状況の中で
ものすごいハンドパワーを発し、テープを壊してしまったのかもしれない
再開後も似たような展開だった
最後の大勝負をして欲しかったが
なかなかそうも行かないのだろう
判定になった時点で負けを確認した

さぁ~ 次は沖縄
瞬時に沖縄モードに突入
全中に出場する選手の目標は石川だが
出ない選手は、いち早く来年に目標を置きかえれる
少しでも早く切り替え準備が出来るというもの
中学生になって変えていったスタイル
まだまだ不完全、勝負は来年だ
来年は誰も寄せ付けない力で県優勝を目指し
勝負の舞台は全国だ

今年の負けは、杏にとって意識改革のきっかけになったと思う
体重管理、研究、努力の積み重ね
全てがプラスになってくれるはずだ
負けて強くなる、きっとそんな年になっただろう
親や指導者にやらされている柔道からは
本当の強さは生まれない
自主的に「強くなるんだ」と思い、行動しなければ、全中で優勝は出来ない
次の新人戦では、県でしっかり優勝して
夏の第一シードを作り
しっかり自分がその場所に座り
堂々と夏の県大会を戦ってほしい
今年の第一シードの選手は
7人中6人が全中へ駒を進めた
この数字は、毎年それほど変らない
つまり、そういうことなのだ
by usui1966 | 2008-07-31 23:59 | Comments(9)

全中 団体 神奈川予選

女子
優勝 相原 準優勝 浜岳 3位 六角橋

男子
優勝 相原 準優勝 桐蔭 3位 相模、弥栄

相原4年連続W優勝 たぶん

女子は、危なげない優勝だったと思う
決勝戦では、最初の歯車が狂うと嫌な感じもあったが、問題なかった
絶対とは言えないが、チーム力の差は感じた

男子は、冷や汗ものだった
正直、よく勝った、よく頑張った、よく踏ん張った
中堅戦での有効リードを
副将、大将が守る展開
長い長い3分・3分
見ていてもしんどい
先方戦からかなりの体格差
気持ちで勝ったとしか言いようが無い
試合終了後
緊張から開放されたお母さん達は、号泣していた
気持ちは解る

さぁ~~明日は個人戦かぁ~
by usui1966 | 2008-07-30 20:59 | Comments(6)

百(モモ) 小栗(オグリ) 太子(タイシ)

d0003009_9344464.jpg
愛猫『百』(モモ)
記憶をたどると、もう20歳
人間でいえば106歳くらいらしい

デッカイ出来物が
ポッコリと3cmくらいの異物
悪性だったら……
病院にも連れて行ったが
「かなりの歳だから手術で切る事に耐えられるか?」
「でも、切ってみないと悪性かは判らない……」らしい
命をかけて悪性か判らないものを切る
なんとも判断に困る医者のセリフ
悪性だから手術をしてでも切るわけであって
そんな話があるか、とちょっと怒り
最近、痩せてきたのが気になる
アウゥ~~と妙な泣き声をするし
でも顔は若いし、元気だし
仕草も年寄りっぽくない
まだまだ長生きをしてほしい
誰もが信じられない、って思うくらい生きて欲しい
あと5年くらい生きると、きっと妖怪の域に達すると思う

ウチには3匹の猫が居て
百(モモ)が最後

太子(タイシ)
名前の由来は、一万円札の聖徳太子から

百(モモ)
最初は、百円札の『退助』にしようと思ったが、百(モモ)にした

小栗(オグリ)
オグリキャップが宝塚記念に勝った日に出会った
by usui1966 | 2008-07-28 23:59 | Comments(10)

月9 第2話

まるでありふれた学園ドラマ
先週、酔っ払って観たとき
キタァーーーーって降って来たシナリオは何だったんだ?
by usui1966 | 2008-07-28 23:59 | Comments(2)

HP本気モード

新しくPCを買った
周辺機器も一通り揃えた
デジタルカメラも新しくした

時間とお金をかけて
会社のHPを作ることにした
仕事なので、プロも入れる
稼ぐHPにする為に

一つの事を始めると
他が手に付かなくなる
出来るかぎりの時間を使って
良いものを作るために集中する

3ヶ月くらいで立ち上がれば良いと思っている
それから、コツコツと充実させたい
いままで、あまり写真を撮っていなかったことが悔やまれる
まぁ これから積み重ねるしかない
by usui1966 | 2008-07-27 23:59 | Comments(4)

九州遠征

そういえば、いま茜は九州だ
金鷲旗は注目していたが、茜の事は気にしていなかった
横須賀学院は、韓国のチームに善戦するも敗れたようだ
今頃は、遠征稽古を頑張っている事だろう
ちゃんと頑張っているか、少し気になる
by usui1966 | 2008-07-24 23:59 | Comments(2)

秘密の木

夕方
きくちゃんが、言ってる『いつもの木』を見に行った

とまってる
本当にカブトムシが うじゃうじゃいる
目線から下の高さに
場所取り争いで蹴飛ばされた者が、下にも落ちてる
カブトムシが飛んでる
きくちゃんが、手で叩き落とした
カブトをハエ叩きの如く
子供の頃は良く見かけた
黒い羽のトンボも沢山いる

小さい頃
よく 虫を取りに出かけたが
こんな情景には出会ったことは無い
信じられない木だ
誰かに教えてあげたい
でも、子供には教えられない
子供は残酷だから
この情景は、そっとしておきたい
また行こう
by usui1966 | 2008-07-23 23:59 | Comments(4)

選出もれ

神奈川県 小学生 ジュニア強化選手が正式に発表された
古谷塾の男の子、ベスト8に入りながら選ばれなかった
まぁ これはしょうがない、ベスト8=絶対ではない
同じ軽量級の子を数えてみると
ベスト8の内、7名が選出されていた
どうして、気持ち良くあと一人を選んでくれなかったのか
おまけに重量級は、ベスト8全員が選ばれている
この学年の男子は計15名
他の学年と比べると多いが
大変 残念である
by usui1966 | 2008-07-23 23:59 | Comments(2)

熱い横浜

申請を出しに横浜市庁舎へ行った
駐車場は、行きなれた文体へ
市庁舎は、あちっこちで改装が行なわれていて
担当窓口も場所が変更になっていた

今この辺りは
開港150周年で盛上っている
とても興味がある時代だ

用事が済み、市庁舎から出ると
目の前のスタジアムに大勢の高校生
そうか、高校野球真っ盛りか
露天じゃ暑いだろうなぁ
by usui1966 | 2008-07-23 13:04 | Comments(0)

月9

撮っておいた月9をみた
織田裕二の学園物、舞台は湘南
面白くなかったら、来週からはみない

酔っ払ってみてたので、ちゃんと理解しているかわからんが
面白かった 来週も観よう

ドラマの感想なんてガラじゃないが
予想は好きなので
この月9は、今後どうのように展開していくか考えた
1話のみ観ただけのチュウのシナリオは

あの学校は受験勉強ばっかりで 
一昨年問題になった
必修科目 履修不足問題に当てはまる学校
(必履修科目が何なのか、行ってないので判らんが)
社会的、道徳的、情報的、そんな必修科目をやっていない
で、受験に関する勉強ばっかりやっていた
その事を問題視した校長が、織田裕二をよんだ
(この辺りは、ちょっとGTOっぽい)
だから織田裕二先生は、受験に関する勉強は一切教えない
教えるのは、足りない必須科目に関連する人生論ばかり
進学校なのに、受験勉強をさせない担任
それが、校長から命じられた指令だから
織田裕二は元傭兵である(ジャーナリストかも)
そして校長は元上官
戦場では上官の命令は絶対である
織田裕二は、傭兵として任務を全うする
受験戦争という戦場で
元傭兵の視線から、学校の先生としてではなく
マスターとして『生きる』を教える

これが、チュウが描いたシナリオだ
これからどうなるか、楽しみに観て行きたい

なぜか 昔好きだった
『パイナップルアーミー』という漫画を思い出した
by usui1966 | 2008-07-22 23:59 | Comments(0)