<   2008年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

相原中祝勝会

ここ数年は、お祝い事も催し事も、相武館の道場で行っていたが
今回は、4年ぶりの全中優勝なので施設を借りて行われた
だがホテルなどで行うのではなく
公共の場所で手作りのパーティーが開かれた
約100名の参加者
出来るだけ経費を削減しても、お祝いする気持ちには変わりは無い
準備をされた方々は大変だったと思う

沢山の来賓の方々もみえた
教育委員長
相原中学校長
教頭先生
PTA会長

先日ご結婚されたOGである松前塾の鈴木さんが
高井洋平と結婚をされたと知ったときは驚いた

この人も来た
d0003009_116451.jpg
自前の扇子に一筆いただいた

準備の最中
沢山のトロフィーと優勝旗を並べる
神奈川県、関東、全国、と全部揃っている
刺繍で名前が入った柵を見ながら
子供達は「来年は私の名前を入れるんだ」と話していたのが微笑ましかった
そして、日本一の柔道部なんだと、改めて実感した
日本一と付くからには
事件などを起こさないように、一人一人自覚をもって行動しなければならない
なにかあれば「日本一の柔道部の」とサブタイトルが付いてまわる
何れにせよ、まだ短い歴史の全中女子団体において
3回のタイトルホルダーは前人未到である
この祝勝会に立ち会えたことに感謝したい
そして、初の来年連覇に向けてスタートした

d0003009_1119453.jpg
一部いないが、来年を担う女子新メンバーの面々

相原の校長先生は面白い
校長先生のコメントは本当にいつも面白い
今回もご挨拶の一部にこんなコメントがあた
「柔道部は他の生徒達の刺激と模範になっている」
そんな話の後に
「時々、寝ている生徒もちらほら居ますが、そんな事はどうでも良い事で……」
と、校長先生よりお墨付きを頂いた
校長もちょっと勢いあまっての言葉だと思うが
とても親近感を抱く校長先生なのです

d0003009_11384451.jpg
来賓の方の挨拶で
「背中に『相原魂』と入ったTシャツを着て、よく小学校の外周を走っているのを見かけます」
「生徒に相原魂って何ですか?と聞いても答えてくれません」
そんなお話があった
チュウも相原魂ってなんだろうと考えて
生徒が答えられなかったのもうなずけた
相原魂とは一言で答えることが出来ないもの

祝勝会も終わり
数人の父兄達と二次会に行ったのだが
スーツの内ポケットに入れていたカードケースを落とした
翌日、探しまくったが見つからない
免許、クレジットカード数枚、キャッシュカード数枚……
あのケースがあれば、しばらくは生きて行けるくらいの物なのに
ショックが大きい
行動範囲は限られていた、なぜ見つからないのだ
カードケース自体も手作りのお気に入りだったのに……ショックが抜けない
by usui1966 | 2008-09-27 23:59 | Comments(10)

自社HP

まだ白黒でデザインが施されていないTOPページ
d0003009_1957819.jpg7月より進めていた自社のHP
やっとレイアウト、システム、サイトマップがまとまりつつある
おおよそ固定ページの文章もまとまった
これから、更新ページの中身の製作と
全体デザインを行う

毎日のように、こつこつ残業をして進めてきた
ページ数は数え切れない
100ページは越すのではないだろうか

このHPには、色々と実験も兼ねている
商売のHPは、ネット上の店舗であり、生き物だ
なので、UPしてからの修正・変更、成長が要であり
常に現実のお店のように考える事が大切と考えている
毎日このHP製作を行うにつれ、目標も出来た
なんとか年内中にはUPしたい
by usui1966 | 2008-09-25 23:59 | Comments(2)

ママ柔道

広島のさやかさんより、妻宛の封書が届いた

妻は驚いた顔をして、早く見せたい様子であった

中を見ると、ピアスと手紙
手作りのピアスのようだ、手紙を読まなければ判らない
そのくらい上手に出来ていた
あと、さやかさん得意のバッグも
二つとも、落ち着いたデザインの手作りの贈り物

そしてもう一つ封書
手紙には「みんなから集めました、旅費の足しにしてください」とある

さやかさんが、今広島で頑張っている『ママ柔道』
現在、どんどん広がっている
女子柔道倶楽部に『ママ柔道』という観点も加えている
その、さやかさんの『ママ柔道』の発想の原点が、ウチの奥さんなのだそうだ

さやかさんが、広島に嫁ぐ以前
時々古谷塾に稽古を付けに来てくれていた
その時に、先生とビシビシ乱取を毎日やっていたのが、ウチの奥さんだった
(この頃は、ビシビシやっていた、なので結構強かった)

広島での『ママKwaguchi』も数年経ち
ママデビューの有段者も誕生した
そんな矢先に、イベント好きのさやかさんが立案したのが
「原点のミッチを呼ぼう」とのことで
ママさん達の理解の上で、企画が立ち上がったようだ

こうなったら、腰が重い妻も立ち上がらなければならない
西へは京都より先には行ったことがないかもしれない
しかし、今回はママ柔の祖として招待されたのだ

チュウは以前より広島には行きたかったので
切っ掛けが出来てとても嬉しい
行きたい所も沢山ある
杏のスケジュールと相談して予定を立てなければ
うぅ~ん、どういう形なら夫婦で行けるのだろうか
by usui1966 | 2008-09-24 23:59 | Comments(4)

いい本 みぃ~つけた

待っていた本が届いた
思っていたより早く手元に入り、とてもうれしい

「あの本欲しい、読みたい」
と思ったのは3日前、録画してあった番組を見ていた時のこと

ハイビジョンスペシャル「歌川広重」                        
 - 時空の旅人、風景を愛す -              
 ▽江戸最後の絵師 広重の画業

という、110分の番組を堪能していた

作品の紹介と
作風や作為、構図などを
様々な専門家達が解説や論議をする

浮世絵学会の偉い人の話の際

d0003009_11163150.jpg話を聴くと共に
後ろの本棚が気になった
「なんだあの本は?」
d0003009_1118911.jpg
d0003009_11183250.jpg『日本屋外広告史』
「どんな内容なんだろう?
ネットで早速調べると
「広告の原点、暖簾・張札・引札・木彫看板等の手造り製品から明治以後のポスター・電柱・交通・野立・SP広告、ネオンサイン迄豊富な写真と文献を駆使してつづる屋外広告1240年の歩み! 」
面白そうだ、ぜひ見たい、手元においておきたい
Amazonで2冊だけあったので、即購入した
20年前の本
定価は10,000円
中古で5,500円で買った

d0003009_11294414.jpg広告史の本はいくつかあるが
紙の媒体が多く
看板はその一部に扱われていた
この本は『屋外広告』を厳選して取り扱っている
つまり、看板の専門史なのだ

とても良い本を発見した
そして良い資料にもなる
by usui1966 | 2008-09-23 23:59 | Comments(2)

準三冠

相原女子が、選抜を優勝で飾った
全中に続き2冠達成
近柔は惜しくも2位だったが
すばらしい、準三冠の達成である

毎回、目まぐるしく力関係が変わる女子だが
終わってみれば、三大会とも決勝は、大成 VS 相原 だった

今週の土曜日は
相原中の祝勝会が開かれる
直前に、またビッグなタイトルが加わった
大物ゲストも来るらしいので
今年の祝勝会は、ざぞ盛り上がるであろう

選抜が終わりチームも入れ替わる
杏もこれで、最上級生だ
チームの日本一の勝利を祝うと共に
所属している以上、日本一の争いに気も引き締めなければならない
by usui1966 | 2008-09-21 23:59 | Comments(5)

黒潮旗

負けた

出直し
by usui1966 | 2008-09-20 23:59 | Comments(2)

鶴見杯ロゴ

今月初旬
こうたろう会長より
「鶴見杯のロゴを作ってくれないだろうか」
との依頼相談があった
「よろこんでぇ~」と、やる茶ばりに
その大役をありがたく受けさせていただいた

『鶴見杯』は中学1年生の団体戦
1年生ということもあり、団体経験も始めての子が多いだろう
我が家の娘達も参加させていただき
良い経験をさせていただいた

そして神奈川県のみならず
他県からも強豪が集う
1年生の大会とは思えないほど、レベルが高い試合も多く
力がある学校も、経験が少ない学校も
様々な思惑と目的と混ざり合う大会でもある
他の試合とは異なる有意義さがあるのが、この鶴見杯だ
相原中も、茜の代より参加させもらっている

最初の頃はチーム数も少なく
近隣の学校での練成大会と聞いたが
今では、会長の人脈と人徳もあり
大勢集まり予定をこなせないほど盛り上がる大会となっている

すばらしい趣向の『鶴見杯』のロゴ作成
大変に光栄である


大会の開催は3月
まだまだ時間はあると思っていたが
そう思っていると、時間だけが過ぎて行く
なので、考えることにした
普段の生活の中に
「鶴見杯のロゴマーク」を入れる
入れないと何も思いつかない
デザインやアイデアは普段の生活から生まれる

ノートに鉛筆で落書き
そんな事から始める
車で走っていて、なにか思いついたら落書き
そんな事をしていると、だんだんアイデアがまとまってくる

会長からのニーズは
『鶴』の文字を入れる
あと入れるとしたら『fresh turnament』

鶴 鶴 鶴 鶴 鶴 鶴……
鶴を考えるが
JALの鶴丸とか、白鶴、鶴の立ち姿、仏壇のマーク
そんなのばっかり頭に浮かぶ

鶴の字の変形……ダメだ来ない

色々スケッチした
受け狙いのもの
だじゃれ系のもの


鶴見杯
フレッシュトーナメント
1年生の大会

先月、大変にお世話になっている方が
病に倒れ入院されている
現在、早く良くなっていただきたいと
願いを込めて、みんなで千羽鶴を折っている

そして、今日仕上がった作品がこれ

d0003009_11462119.jpg
d0003009_131003.jpg

見れば解るが『折り鶴』

題名は『未完成』
この折鶴は頭の一折をしていない
1年生、部活で始めた子も多く出場している
これからの、完成されていない柔道家
みんな未完成の原石である

さて、鶴が見るのは(向くのは) 
(鶴見杯だけに、ちょっとオヤジが入ってしまった)

「頭を上に向ければ、大きく舞い上がることが出来る
下に向けてしまっては……
どちらを見るかは、今後の君達次第だ」そんなメッセージを入れた
(特に娘に言いたい)

英語が苦手なんで、スペル間違いが心配だ

「折り鶴に願いをこめて」

さて、会長の評価が気になるところだ
まだ、採用はされていない

最終的にはパソコンを使って仕上げるが
それまでの過程は、とてもアナログ
デザインとは、そういうものだと思う
この場合も落書きの後
d0003009_1214391.jpg
実際に鶴を折った
それからまたスケッチ
かなりアナログです
by usui1966 | 2008-09-18 23:59 | Comments(2)

米問題ブーム

ここのところW米問題で
新聞、TVが騒がしい

事故米の事に関すれば
食の安全は大事であり
ルールを守らなかった会社の罪は重い
という事を踏まえ

「最近は食の安全が脅かされている」
狂牛病問題、産地偽装、賞味期限偽装、米問題……ets
と、不安を感じている人が多くいるが
本当に最近の事なのだろうか?
チュウなりに思った

食に対して厳しい管理体制を敷いたための出来事
だと思っている
より安全を求め、厳しくすればするほど、問題が発覚して
大騒ぎとなる

20年前食べていた物より、今食べている物の方が安全だと思う
以前は検査もしていなかったのだから
現在の残留農薬基準値も、数年前はOKだった
今食べている物も、数年後には体に悪い物になるだろう

以前、ある大手スーパーで働いていたが
精肉コーナーでは、一度パックして店頭に置いたものを
ドリップが出てきたので、パックをやり直して、時間も変更して、また並べる
どうしても、色が変わってしまって無理があるときは、タレで揉んでバーベキュー用として並ぶ
鮮魚コーナーでも似たような事を行う
活き〆でもない魚を、活き〆と並べる
ラベルの偽造など毎日だった
みんながよく行くあそこのスーパーがそうなのだから
どこのスーパーでも似たようなものだろう
産地義務など無かったのだから
産地など有ってないようなもの
書いてあるのはみんな有名産地ばかり

実際、これだけ事故米が流通しているのに
体への問題は発生していない
必要な基準値だとは思うが
神経質になりすぎると
間違いなく、食の物価が上がる
米不足になったら、今のような事を言っていられるだろうか
「不安だから○○の物は買わない」などとよく耳にするが
本当に徹底するのであれば
外食などとんでもないし、何も買えない
すべて自分で作るしかない
外国から材料を輸入して作っているものばかりの日本の食なのに
街頭でのインタビューが
平和ボケのブームにすら思える
被害を受けている会社が気の毒だ
by usui1966 | 2008-09-17 23:59 | Comments(4)

寝業師

昨日、相模原の大会終了後
杏は道場へ戻り、合同稽古を行なった

つよぉ~~い高校生達が相武館へ出稽古に来た
○○高校が来る、と聞いた時は
相手になるのか?と思ったが
どうして、どうして
立ち技では、結構善戦したようだ
負けることを考えずに
バァーンと行けば、バァーンと投げれるやつなんだ
だが、それらは本人が言っている事、見たわけではない
あいつは自画自賛タイプだから、鵜呑みにはできない

寝技が特別にとっても強い、日本一強いと思う
男子が国士館なら、女子はここではないだろうか、とすら思う
今年、彼女たちの寝技を数多く目にし耳にした
茜も九州遠征にて、立ち技を健闘するも寝技で
とっても強い先輩も、大きな大会で2度も寝技でやられてしまった
テレビで見た都道府県大会では
あや取り、知恵の輪、手品のような
とんでもない寝技を数度見た
シニアの選手が、高校生に寝技で返され決められる
寝技があることによって
試合では何倍も強くなる
有効を何回取られようが、技ありを取られようが
寝技一発で1本逆転
寝技に自信が有ることによって
立ち技を思いっきりかけることが出来る
寝技への連携過程にもなる
逆に相手は、寝技に持ち込まれるのを恐れ、立ち技にも精彩を欠く事になる
強い相手にも決めれる寝技を持つことは、試合の主導権を制する
相原だって寝技は強い
その連中がやられてしまう
恐るべし、高専柔道
by usui1966 | 2008-09-16 23:59 | Comments(8)

来週は黒潮旗

相模原柔道大会が終わった
その日によって柔道がガチャガチャになる
杏はそうとうの気分屋だ
当日にならないと
その試合にならないと
どんな柔道をしてくれるのか判らない
今日の内容は良くなかった
いい柔道があるのに
どうしていつも出ないのだろう
日によってこんなに柔道が変わってしまうのだろうか?
さぁ~次は黒潮旗だ
by usui1966 | 2008-09-15 23:59 | Comments(7)