<   2009年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

世界が笑っている

『定額給付金』

決めてしまったのなら、早くちょうだい
そして、もうその事は終わりにしてほしい

「2兆円あげれば、国民はきっと無駄使いをしてくれるでしょう」
「いや、昨今の情勢では、貯蓄にまわり無駄使いはしないだろう」

無駄使いをあおる妙な政策
まだ決定していないのなら、討論するべきだが
決っているのなら、国政の無駄使い
[PR]
by usui1966 | 2009-01-29 23:59 | Comments(0)

無題

毎日嫌でも聞かさせる『定額給付金問題』

アホらしくって苛立ちすらおぼえる

個人のブログなので
個人の意見として、勝手に思っていることだが

「世界第二位の経済大国日本」
と言われたのは過去の話
このままだと日本は、どんどん没落して行くと思う

大先輩は偉かった、凄かった
戦後の日本をここまで育ててくれた
しかし、バトンが上手く繋げなかった

今の日本のやり方では厳しい
そう思えてならない
チュウが言うと御叱りを受けるのを覚悟で申せば

学業に対する考え方がズレている
多くの人が、多くの親が、多くの大人が

学業は必要であり、大切だとも思う一方
学業は、脳や細胞の学習の一環であり訓練なのだ
その訓練の方向が間違っているとしか思えない

人間の体と言うのは本当に良くできている
沢山の細胞のかたまりらしいが
怪我をして、ばい菌が入れば、白血球が勝手に戦ってくれる
風邪をひけば、それなりの抗体が勝手に戦ってくれる
すべて、無意識に免疫として戦い、体を治し丈夫にしてくれる

脳もよく出来ている
様々な情報を沢山吸収する
鍛えれば鍛えるほど、情報の収集能力も高まる
だがその能力には免疫は備わっていない
情報には、良い情報もあれば、悪い情報もある
脳に白血球のような、勝手に悪者を排除してくれる抗体がいれば良いが
残念ながら、勝手に悪い情報を排除してくれるものは存在しない
良い情報だろうと、悪い情報だろうと
好き嫌いに関係なく、見たもの聞いたもの感じたものを、どんどん情報としてだけとらえるだけ
その情報に対しての免疫は、訓練して鍛えるしかない
判断力、決断力をより正しい方向へ向けるのが、脳の免疫力
情報収集能力ばかり鍛えるとどうなるか
悪い情報も鵜呑み、人を見る目が無くなり、騙される人が増える
この情報社会、情報は飛び交っている
社会に出て大切なのは、覚える力ではなく、判断する力ではないだろうか
そして本当の情報とは、行動でしか得られない体験した情報だ
とくに活字やテレビで得る情報など、全て東スポ程度で済ませるべき

考える力とは何か
それは、判断するまでの過程、決断するまでの過程に他ならない

IQが高い人を20年間追ったデータを目にした時があったが
どの人もパッとしない社会人になっているようだ
東大に入れる能力があっても、それだけでは社会では適合しないらしい

永久雇用なんて無くなった
年功序列も無くなった
大手神話などもう無い
大手ブランドは人生を捧げるには危険すぎる
頼れるのは個人ブランド
どこに就職しても、今の社会に安心など無い
だが、相変わらず大卒の人気の就職先は大手ばかり
その大手も、元々は一部の人が作ったベンチャーなのに
今どき、良い就職先など無い
良い就職は、自分が社会に出てから自らで築くしかない
安心と思い込んでいる場所に行く為の勉学をしているようでは
日本は埋没するばかり

日本を成長させてきた人達の勉学は
どこかに所属する為のものではなく
自らで何かを成し遂げる為の勉学だったではないか

我が娘には、柔道の為の学業に今は励んで欲しい
[PR]
by usui1966 | 2009-01-28 23:59 | Comments(0)

中体連 新人戦

神奈川県 中体連 新人戦 個人

県武へ観戦
娘が出ない、なんとも寂しい

「ベスト8から見ればいいや」県武到着も午後
なんともだらだらした行動
一時帰宅していた茜と共に
だらだらコンビ、重役出勤

おやじーずのJr達の頑張りが目に飛び込む
相模、桐蔭、相原、など、幼い頃から柔道と関わってきた選手達と
県大会の舞台で、堂々と渡り合っていた
都度 差は縮まり、近い将来は逆転、そんな逸材が沢山いる
子供達も親御さんたちも情熱では負けていない
経験の差など過去の産物

数年前までは「部活から始めた子に負けるはずが無い」
知らない子=ノーマーク
そんな風に思っていた自分が恥ずかしくもある
道場からやっていようが、部活から始めようが
同じ人間、柔道センスや情熱とは関係ない
おやじ~ずに参加して、その様な環境を知り
今は、「侮れない」と、身が引き締まる気持ちでいっぱいだ
絶対に相手をなめるような事はあってはいけない
もしそのような事があれば
近い将来、知らない子に負ける選手になるであろう


娘がいない大会なので気軽に
戦力分析を素人なりに行なう
子供がやっていないと、客観的によく見える

女子専門だが、本日の素人研究家の分析結果は

まず、県内道場出身者の1年生に注目した
この世代は、軽量級に力の拮抗した良い選手が揃っている
だが、現2年生世代との力の差は大きいとも思っていた
同学年だと、大変面白く素晴らしい試合展開で、強さと上手さが際立っていたが
2年生と戦った時、その柔道が通用するか?
とても興味があったが、その様な対戦が無くあまり収穫も無かった
しかし、センス抜群な選手ばかりなので
体が出来てきて柔道が変り始めたら、恐ろしい相手になることだろう

全体を見ると
相模原ブロックが中心であることは否めない
7階級中、5階級を制した相模原ブロックだが
この結果だけではなく、もっと深いところまで言及し考える必要がある
なぜなら、相模原ブロックが勝った5階級中
3階級もしくは4階級の選手は、ブロック予選では2位だった選手だからだ
相模原では、それだけしのぎを削っている事が解る
また、残る2つの階級の相模原優勝者は欠場している
夏は、その相模原網をどう破るかという事だろう
相原の選手が多いのだが
そんな中、持ち前の粘りで勝った48キロ級の冨吉選手
圧倒的な強さで勝った52キロ級の山本選手
脅威の1年生浜竹の佐俣選手
それぞれ実力の優勝であり、今後も注目される選手達だ

今回、出場できなかった事で出遅れ感はあるが
今は、焦らずに怪我を治し
夏は万全に挑戦出来る事を祈るばかりだ
[PR]
by usui1966 | 2009-01-25 23:59 | Comments(9)

またまた……

今度の日曜日は中体連新人戦

秋からずっと楽しみにしていた試合
夏のために、どんな試合をしてくれるだろうか
どのくらい杏は成長をしただろうか
稽古をしてきた事を試合で出せるだろうか
どのくらい通用するのだろうか

柔道スタイルを変え、取り組んできた2年間
少しずつさまになり、形になってきた
まだまだ途上も途上だが、この時期に神奈川の強者と対戦するのを楽しみにしていた
21日には、組み合せも決った事だろう

だが、杏は出られない
またしてもやってしまった
どうして、いつも中体連の1週間前になると怪我をするのだろうか……
右足3週間の固定が必要
わざと怪我をしたわけではないので、誰も攻める事は出来ない
怪我はつきものだが
姉妹揃って、中体連の前になると骨折やら、じん帯やら
柔道が出来ない体になってしまう
中体連はもう3回目……
ショックだし、残念だし、楽しみが減ってしまった
本人が一番、柔道が出来なくて辛いだろうが
もう新人戦は頭から離れ、近柔杯へと気持ちは向いている
そう、たった一つの試合に出られないだけ
柔道を辞めたわけではない
稽古できない悔しさを、試合に出られない悔しさを
それらは、体が動かせるようになったら爆発させれば良い

2年連続準優勝の金柔杯
今は、その優勝にスイッチを切り替えよう
金柔杯が終わったら、夏に向かってまっしぐらに行こうではないか

夏には『誰が一番強いのか決定戦』があるのだから
[PR]
by usui1966 | 2009-01-22 23:59 | Comments(6)

春の代表決る

春 選手権 女子団体

「今年は三浦が優勢だろう」
と去年からずっと言われ続けていた

予想オーダーを考えると
三浦の◎が妥当だろう
しかし、横須賀の粘りに期待していた
決め手になる理由は無いのだが
3人制の女子、どう流れが進むかは、やってみなければ判らない

戦力は1枚も2枚も上の三浦
今までも常に全国への力は有った
だが、まだ団体での優勝経験は無い
「今度こそは」との気負いなども
そこにスキがあるような気もしていた
戦力が優っているチームが優勝するわけではない
優勝経験の差も、重要な勝因の一つ

対する3連覇を目指す横須賀は
準決勝、接戦が予想された光明戦
代表戦まで考えられた試合を制し決勝へ

この試合、とてもとても重要な先鋒戦
横須賀が一本勝ちしても、まだ三浦が有利なのかなぁ
そんな感じがしたが
結果は、3-0で三浦の圧勝という形で終わった
先鋒戦を制した三浦が、全ての流れをつかんだ
三浦の決勝での戦いを何度か見てきたが
今までは全て、流れをつかみきれないでいたように感じた
しかし今回は見事に掴み取った

今までも強かった三浦だが
今回、優勝した事でさらに強さが増すことだろう

横須賀も負けはしたが
今後の事を考えた戦いだったと思う

無差別の夏
さらに強くなりそうな三浦だが
横須賀もこのままでは終わらない何かを感じる

勝負事は、都度 勝敗を決し
勝者は一つ
負けることもあれば、勝つこともある
負けたからといって、落胆する場合ではない
勝ったからといって、安心できる事もない
負けても勝っても
今後に繋げる土産を持ち帰り
次の勝利に向けての準備をする
人生も、勝ち・負け・準備の継続
勝敗は、常に起こっている変動の一瞬の出来事
[PR]
by usui1966 | 2009-01-18 23:59 | Comments(0)

春 男子

神奈川 高校 男子 春の選手権

男子はあまり見に行った事がなかったが
今日は、おやじ~ず関係の子供達と
1年ぶりに復帰する桐蔭
それと、相模の試合を目当てに県武へ

17時から新年会を控えていたので
珍しく電車で向かった

本を読みながらゆられていると
あっという間に着いてしまう
電車も空いていれば良いもんだ

昼過ぎに到着
女子の試合と違い、会場は熱気で溢れている
高校男子の神奈川柔道は盛んだ
全国からの視線も、今日の結果は気になっていることだろう

進行状況と、タイム予想をすると
「今日は何時に終わるんだ?」
狭い県武で大変だ

おやじ~ずの子供達も頑張っていた
なかさんのJrの試合もたっぷり見れた
H2は楽しいチームだ
こりゃ 盛上るはずだわ
ぜひ春は、関東大会の切符を獲得して欲しい

男子は、抜き戦というのを忘れていた
桐蔭や相模の選手達の戦いを見たかったが
大会はまだ序盤、先鋒が5人抜いてしまう
まんべんなく見たかったのに
3時には会場を後にする……
剛毅の試合も見れなかった
横浜、秦野、桐蔭、相模
この辺りの激突を見たかったが
なんにも見れなかった
来年は3時くらいから行って、夜は宴会
これが良い

終了後、やま先生から電話をもらった
先生のところは残念ながら3位
たら・れば を言っても仕方が無いが、去年なら全国だった
決勝は大方の予想通り、相模VS桐蔭
2人残しで相模が優勝したそうだ
春の選手権は、決勝に上がった県からは、翌年1チーム枠が増えるが
相模と桐蔭が決勝で戦ったら
来年は3チーム出られるのだろうか?
とても気になる
[PR]
by usui1966 | 2009-01-17 23:59 | Comments(4)

キター

去年の暮れにアップロードした会社のHP

検索ランキングチェッカーにかけてみたところ

製作段階から目標にしていたキーワード
『看板 神奈川』で、ついにyahoo1ページ目に載ってきた

『看板 神奈川』 9,250,000件中 5位にランクイン

ちなみに
『看板製作 神奈川』は、188,000件中 1位
『看板製作 相模原』は、18,200件中 2位

当初は、一千万件ヒットするビッグキーワードなので
壮大な計画と捉えていたが
アップ後、2ヶ月あまりで目標を達成してしまった
なんか拍子抜けだ
それなりに努力はしたが、こんな簡単に行くとは思ってみなかった
目標設定が低すぎたか?

次は、どこを目指すか?
『看板 東京』は、40,000,000件中 121位
『看板製作 東京』は、384,000件中 54位
このあたりか

仕事なのだが、もうゲーム感覚になっている
とても楽しい
[PR]
by usui1966 | 2009-01-13 23:59 | Comments(2)

福島の試合

やはり昨日のどぶろくが効いて、ふらふら

朝飯も食べて、午前中はそれほど辛くはなかったが
どうも、まだ酔っていたようだ
午後は死んだ……

女子の撮影を任されたが、ちゃんと普段どおり撮れた
女子は午前中に終わって良かった

女子の参加チームは少なかったが
3チームでの予選リーグを行い
上位2チームが決勝トーナメントへ
決勝戦まで、5試合することができた

地元福島、青森、東京などのチームと対戦
相武館は2チーム出場

杏のチームは決勝まで3-0で進み、同門対決となった
チーム構成も面白みがあった
Aチーム 石崎、倉部、佐藤
Bチーム 臼井、内尾、芳田

「勝てるかもよぉ~」と思っていた
予想は1-0でBチームの勝ち
誰が勝ち予想かは秘密
本当に面白いチーム分けだと思った

Aチームの父母には
「Bはフレッシュチームで、Aは年寄りチーム」と敵対心を見せる

結果は
先鋒 引分け
中堅 引分け
大将 引分け

代表戦 旗判定でAチームの優勝

う~ん ちょっと予想と違った
ここまで全て一本勝ちできても、同門だと互いになかなかポイントが取れない
Bチームの最大の敗因は、代表戦をじゃんけんで決めていたこと
[PR]
by usui1966 | 2009-01-11 23:59 | Comments(3)

北へ

今日は、福島の練成大会へ
昨晩は、会社の新年会で飲みすぎ、少々きつい

新人戦のブロック予選もあり、選手も分かれた
新人戦ブロック大会は、男女とも小差での優勝
県大会へ臨む

福島は、明日の大会前の練習試合が行われる
その前に、小名浜に寄りカニを買う
去年は、生のズワイガニが1箱(5杯)で2,000円だったが
今年は3,500円、2箱買って5,500円にまけてもらった

練習試合をちょっと見て、支払いもあるので先に旅館へ行った
選手達が帰ってきたら、風呂もままならないので、先に拝借
旅館に着いて風呂に入ったら、ビールと決っている
風がビュービュー吹き、滅茶苦茶寒い中、湯冷めも気にせずにコンビニへ買出し
部屋で一杯やっていると、先生達と選手達が帰ってきた

食事がとても美味しかった
ヒラメの煮付け、大エビフライ3尾、寒ブリとマグロと白身の刺身
民宿のようなスタイルの旅館で、つてもあったようでとってもリーズナブルな金額
ここは食堂と寿司屋を営んでいるようで、食事がサービス満点だった

先生達がミーティングで一時席を離れている間も
美味い肴でビールを飲む

すると同じ父兄の佐藤さんが、地元の先生と登場
佐藤さんは、ここが地元、どぶろくの差し入れを手に持ち現れた
このどぶろくがとっても美味い、しかし危険な酒でもあるが……
酒も入り、地元の先生方とも話が弾む
とても良い人たちだ、東北の人は温かい

家庭それぞれの柔道に対しての姿勢は
どこの道場でも同じような悩みを抱えているようだ
遠征でも出稽古でもどこまでもやる家と
そこまでは求めていない家と
柔道に対しての取り組み方の考えはそれぞれ
また、それぞれだからバランスがとれ成り立つともいえる
「贔屓」という言葉がどうしても出る、これもどこも同じだと思った
「平等にするには?」との話が出たので
一父兄なりに答えたが
先生方は、ほぼ柔道指導に対してボランティアで臨んでいられる
そんな中、全ての子供達に対して平等とは、なかなか難しい問題だと思う
平等を割り切って考えるなら簡単ではある
一生懸命やる選手には先生も応える
それなりの姿勢の選手には、それなりに応える
それが平等のような気がする
ここで「贔屓」という言葉が出るのだが
一生懸命やっている子と、それなりの子と、同じく接するのは
逆に不平等にはならないだろうか
対価は、違ってこそ平等
とは思うのだが
指導者となると、みんな可愛いだろうし難しい事であろう
親としての気持ちを考えれば、なかなかそうも言い切れない部分もある
しかし、先生も1人の人間である以上
好き嫌いもあれば、完璧な人でもない
我々親は、「贔屓」と感じたりよぎったら
まず、自分達に対しての落ち度を探すべきである
自分達の事は見え辛く判り辛いので、徹底的に小さな事でも自分達を責める
そうすれば、全てではないが、だいぶ「贔屓」というジレンマ感情から開放される

福島でも、とても熱い先生とお父さんに出会った
もし首都圏でまた飲む機会に恵まれれば、ぜひご馳走させてもらいたい

先生達とは何時まで飲んだか覚えていない……
[PR]
by usui1966 | 2009-01-10 23:59 | Comments(2)

謙虚

休暇明け
いつものように、朝礼から始まる
毎日、業務内容の確認の為に行っている
今日は、チュウからの挨拶から始まった
まぁ 新年だからしょうがないか

まず、大不況と言われた去年を
無事に乗り切ってくれたスタッフに感謝した
だが、ホッと安どするわけにもいかないし
気負いする事も、特別に意気込む事もしてはならない
気合は心に秘め、毎日絶やさずに燃やしているもの
過剰な意気込みは、いつかは消える
毎日ずっと行なう仕事に対しては、それではいけない

これからも不安を抱えないために
スタッフには仕事に対して『謙虚』でいてください、とお願いした

プライドは表に出さない、威張る見栄のプライドは必要ない

その日に携わった人の幸せを、少しだけ考えてあげる事を意識する
そうすると自然に、どのように話、どのように対応すれば良いのか選択できる
スタッフ、取引先、全ての人達に
その様に接していると、同じ仕事でも感動が加わる
仕事の付加価値とは感動しかない

仕事の奪い合いと叫ばれている時代
『運』がかなり大切な要素と考えている
『運』を呼び込む為の種は、常に蒔く事を意識したい
情報が集まりやすい環境を作る
そのために今必要だと思っているのが『謙虚』というキーワード

人一倍、謙虚さを忘れやすい性格なので
最近、意識している事がいくつかある
ぼろい今の車を乗り続ける事
今の車を乗っていると、苦しい時代を思い出し、自分に対して戒めになっている
ワイシャツは出来るだけ白い物にする
高価な物を身につけない
「成功」という言葉を、自分の辞書から除外する

ただし『遠慮』はいけない
これは似たようで、まったく性格が違う
[PR]
by usui1966 | 2009-01-05 23:59 | Comments(4)