<   2009年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

イラストの使用

古谷塾の募集チラシに使うイラストを探していた

ネットで調べて「おっこれは良い作品」と思ったものがあった
d0003009_9505067.jpg
このWEB上のサンプルでは、解像度が低く印刷に耐えられない
なにより、著作権の問題があるので
「ぜひ使わせてほしい」とご本人にメールで連絡

桶さんという素晴らしくクオリティーが高いイラストレーターの方だった
HPを拝見すると、仕事・クライアントのクオリティーの高さも伺える

今回は仕事ではなく、ボランティアなので
なんとか安価で使用権を、とお願いしたところ
「その金額ではデータ渡しは出来ません」と返信が来た
ただし「プリントアウトなら良いですよ」と了解を頂いた
A4での出力にて納品をしてもらえる事になった

この返事をみて、「仕事に誇りを持ったプロ」と思った
手間を考えれば、データ渡しの方が楽である
それを、あえて出力して発送する

上記のイラストは東洋経済が発行している
オール投資'08年8/15日号表紙イラストなので
そのままチュウが使用する事は出来ないため
髪型や表情などを編集してオリジナルにしていただく

サインも入れてくれるとの事
額装仕上げも薦められた
ぜひ大きくして我家に飾ろうと思う

使用権には色々と契約がある
今回は、基本的にA4チラシの半分程度に使用
他の事や、次回もダメである
著作権には大きく分けて買取と貸し出しがある
チュウもサイン屋なので、この辺りはよく理解でき
メールでのやり取りもスムーズだったことが嬉しい
個人の取引の場合はとくに
この著作権を理解してもらえない問題があるとの事だった

到着するのが楽しみだ
古谷先生には、少し出費をさせてしまった
[PR]
by usui1966 | 2009-05-26 23:59 | Comments(0)

ゴミ出し

家の御手伝いでゴミ出しをして色々と知った

我家の一般ゴミの回収は月・水・金である

一般ゴミは意外と何でも捨てられる
一般ゴミは主に大きさで区別されている

他に『紙の日』『ビンの日』『ペットボトルの日』『資源の日』などがある

近くの焼却所へ粗大ゴミを捨てに行った
いつもお世話になっている北総合体育館側
粗大ゴミを捨てに行ったのは初めて
会社のトラックを借りてゴミを積み込む

粗大ゴミには意外な制限がある
一般ゴミじゃないこと、小さいゴミなどは、はじかれてお持ち帰りとなってしまう
粗大ゴミは、その名の通り大きいこと、目安は30cm以上
パソコンはダメ、メーカーに連絡してお金を払って引き取ってもらう
リサイクル家電は、リサイクル券を買って引き取ってもらう(メーカーによって金額が違う)
リサイクル券は郵便局で買うこと
持ち込めない物は、タイヤ・バッテリー・自動車の部品・オートバイ・ピアノ・耐火金庫・LPガス容器・消火器・薬品・塗料・門扉・畳・フェンス・サッシ・コンクリート製品等

ゴミを積んだトラックで焼却所へ向かう
行ったことがないので入口が判るかと心配したが
目立つように看板で誘導されていた、判りやすい

d0003009_1153237.jpg
受付をして、ゴミを載せたまま車ごと重量を量る
トラックで行って、作業服を着ていたので
業者と思ったのか、ゴミの内容を覗き込まれた
まぁ、家庭のゴミか業者のゴミかは、見れば判るだろう
量ったら奥へ行ってゴミを降ろす
かなり綺麗な施設だ
再利用できそうな物は、綺麗にして売るのだろう
100円ライターが1個紛れていた
見逃してくれずに、お持ち帰りとなった
他は大丈夫、下調べをしておいて良かった

料金は、10kg=120円
安い、安すぎる
いつも仕事で産廃を捨てるときは
敷地に置いてあるコンテナ一杯8万円もする
妻と料金を予想した
妻は「800円くらい」
チュウは「1,500円くらい」
正解は、120キログラムで『1,440円』
チュウが正解
積み込んだので、だいたい判った
そういえば、昔のTVで
妻と同じ体重を目指して商品を選んでいって、近ければ獲得できる番組があった

とても簡単に捨てられる
そして楽しい

物を思い切って捨てると気分が良い
要らない物は当然だが
2年使ってないもの、1年見ていないもの、存在を忘れていた物
使えそうな物でも、要らない物と判断して捨てる
そうすると、周囲に必要な物と気に入った物だけが残る
10年も住むと色々溜まり、何が有るかも解らなくなってしまう
必要な物と、愛着が有る物に囲まれた空間は
とても気持ちが良い
ゴミ出しは、まだまだ途中なので、ぼちぼちやっていこう
[PR]
by usui1966 | 2009-05-24 22:59 | Comments(4)

方針

上南 古谷塾の募集計画

ゆっくりのペースだが、着実に進めている
チラシのラフが出来たが、なにか物足りない
入れる内容がない
とりあえず、これを見てもらって付け足していこう

子供が7年間門下生だった古谷塾
妻は今も指導者登録で籍を置く
昨日、ふと思ったが
古谷塾は、他の道場では当たり前の事を行っていない
○色帯がない(これは結構他の道場もある)
○受身をやらない
○出稽古に行った事がない
○遠征はしない
など

古谷塾の特徴であり、好きな部分でもある

まず大事なのは
「毎日、道場でコツコツ努力をすれば強くなる」
そんな先生の方針が解る
確かにそうだった

出稽古や遠征に行って
様々な選手とやり
自分より強い相手とやる
確かに頭では、そのほうが強くなると思ってしまうが
小学生のうちは
毎日地道に、同じ事の反復が出来る事が大事だと思う
稽古相手が少なくても
強い相手がいなくても
毎日の努力で強くなる
[PR]
by usui1966 | 2009-05-20 23:59 | Comments(2)

頼まれやすいのかなぁ?

d0003009_1082174.jpg


市役所から人が来て
なぜか
『相模原市屋外広告物審議会委員』に抜擢されてしまった

委員のメンバーは7名
顔ぶれは
○多摩美 教授
○弁護士
○公募による一般市民
○青少年健全育成組織 監査
○市商工会議所 会長
○県建築士事務所協会 副支部長
そして専門家として、なぜかチュウ

市内に看板屋など沢山あるのに
なぜチュウ?
県広告連盟の会長推薦らしいが……
たぶん面倒だから適当に選ばれてしまった

仕事の内容は
これから政令指定都市になる相模原市にむけ
現行の『屋外広告物条例』を審議する
現在の条例で良いのか、改正した方が適正なのかを話し合い決める
条例も法律なので、法律の内容を審議することになる

そんな役割をチュウで良いのか?

2年間の任期期間は
いくらか判らないが報酬が出るらしい
税金の無駄使いのような気がする

公募市民を除くチュウ以外の委員は
みんな3期・4期と留任している
もしかして、自分で後がまを探さないと
ずっとやるのだろうか?
[PR]
by usui1966 | 2009-05-19 23:59 | Comments(0)

学校行事

IH予選は、16日・17日に行なわれたが
横須賀学院は、直前の14日に『遠足』があった
1年生は、マザー牧場
2年生は、東京ディズニーシー
3年生は、炊事遠足(BBQ)

減量調整中の真っ只中
「ディズニシーに行っても、なんも食えん」と嘆いていたが
1年生や2年生は、まだマシ
3年生は炊事遠足、バーベキューだぞ

地獄だ
何をしに行くんだ、何を見ていろというんだ
きっとそんな気分だったことだろう
これも修行か
大会2日前の減量中の高校生
4キロ・5キロは落としている最中に、BBQは辛すぎる
当日は、さぞかし無心で炭をくめ・焼き場に専念し、汗をかいた事だろう
食べない柔道部員
さぞ、話しかけづらい雰囲気が漂っていたのではないだろうか


杏は、今週 修学旅行
我々と同じ京都・奈良の定番と
今は大阪・神戸がオプションで行くらしいが
インフルエンザ問題で大阪は中止になったようだ
今後このまま感染者が拡大すると
近畿で行なわれるインターハイも危ない
[PR]
by usui1966 | 2009-05-18 23:59 | Comments(2)

IH予選

インターハイ神奈川県予選

茜、高校2年生の夏

去年は補欠繰り上がりでの本戦出場
今年は、ちゃんと勝って出たかった

全中予選と違い、IH予選は緊張感なく当日を向かえてしまった気がする
なぜだろう?

きっと高校の場合
この早い時期に、関東予選、関東、IH予選、国体予選、ジュニア、など
沢山の試合があるからだと思う
それと、中学と違って県への予選もないため
全国への段階・準備が少ないこともあるのかなぁ

神奈川新聞の下馬評では
第二シードにもかかわらず
本命におされ嫌な感じがしたが
なんとか優勝することができてホッとした

去年はGSばっかりだったが、今日は一度も無かった
一本を取れる立ち技は相変わらず無いが
立ち技でポイントを取っていたことに少し成長を感じる
ルール変更に対応できて良かった

先月の関東予選で判定負けして、2位という結果が今日に結びついたと思う
逆に関東予選1位で、今回は第一シードで臨んだ選手が負けたケースが多かった
女子7階級中、5階級の第一シードが優勝できなかった
関東予選も、IH予選も、県大会であり
勝てば県チャンピオンなのだが、そこに落とし穴が潜んでいる気がする
関東予選で県初優勝すると
一時的に燃え尽きるか、守りに入ってしまうのではないだろうか
関東大会予選で優勝した時、どう感じるのかがとても大事だと思った
県で勝ったと喜び満足してしまうのか、本番はIHだと気を引き締めることが出きるか
関東大会予選での県優勝は、練習試合くらいの感覚でないといけない

先生からも言われていたようだが
「この大会は、予選でありあくまでも通過点である」
そんな気持ちを持っていたようだ
ここを勝つことを、最終目標にしかイメージできないようであれば、きっと勝てないだろう
予選前から、関東での強者、元同僚、そんな名前がちらほら出ていた
関東やIHで戦うイメージをずっと持っていたようだ

「勝たなきゃまずいよね」「勝たなきゃいけないよね」静かに時々その様に言う
気合を入れて「絶対に勝つ」「勝ちたい」ではなく
弱々しい静かな闘志は頼もしい、最近解った
逆に気合が入っているときは、危ない
この辺りは人によって個人差があるだろう

茜の結果は、力量の差で勝つわけではない事が、今回もよく解った
おそらく練習では、皆互角だろう
「なんだか勝ち上がる」そんな独特な選手
バァーンって柔道は出来ない

しかし、姿勢が悪い(父似)
道衣の着方も……
ノーガード戦法のような礼法は貞子のようだ
どっちが勝者か判らない
「あかね姿勢」と先輩からも何度も指示が飛ぶ
試合中ではなく、普通に立っている時にだ

茜は4回目の個人全国
そろそろ上位を視野に入れてほしい
学院の広告塔として
看板屋の娘としては、効果があるサインでなければならない
[PR]
by usui1966 | 2009-05-17 23:59 | Comments(10)

希望者が現れれば良いのだが

古谷塾も年々練習生が減ってしまって
先生も妻も困っている

そこでチラシを作ることになった
しかし、前回のチラシ募集では1名も来なかった
チラシでどのくらいの効果が出るのだろうか?
今度こそ入門したくなるようなチラシを作らなければ

もう一つの募集方法として
父母の方々のご協力をいただき
地所お借りして野立て看板を作ることになった
今週、設置予定場所を下見させていただく

今年度中になんとか練習生を入れなければならない
[PR]
by usui1966 | 2009-05-14 23:59 | Comments(3)

ログハウス

仕事を始め、お金を頂くようになって28年
「将来はこんな家に住みたいなぁ」と変化しながらもいつも想っている
10代の頃は、ハウスクリーニングの仕事をしていたので、様々な家を拝見した
当時は、お金を払って自宅の掃除を依頼するのは、限られた層の人だった
家にこだわりがあり、豪邸が多かったことを思い出す

家の中心に中庭
大きな吹き抜け
毛足の長いふかふかのじゅうたん
1F~2Fまである長~い電動カーテン
何十畳もあるクローゼット
家の主役のような螺旋階段

色んな家があったが、なぜか和式は少なかった

打ちっぱなしの家が良いなぁ と想っていた時期もあったが
今はログハウスに住みたいと想っている

しかし、以外にもログの家は少ない
調べてみると、デメリットも多いことに気づく
でも、デメリットも含めログハウスに住んでみたい
ログハウスは旧いMINIみたいなもの
手入れが必要だし、スペース効率も良くない
そんな事も含めて気に入っている
最大の難点は、高価な住宅ということ

d0003009_10442739.jpg
ログハウスと言っても、色んな種類がある
バンドカットと言われる、丸太をチェーンソーで手作業で組んでいくもの
マシンカットと言われる、製材加工したものを組むもの
上の絵はマシンカットの種類
ログ住宅というと、ほとんどがマシンカット工法だが
やっぱ、ログといったらバンドカットでしょ
ログの中でも特に高額で、手間がかかり、スペース効率が悪い、バンドカットだが
とても引かれる家である
[PR]
by usui1966 | 2009-05-07 23:59 | Comments(4)

アイデアマン

日本の少子化問題

『一夫多妻制』なんてアイデアをどこからか聞いた

中国の『一人っ子政策』に対して
日本の『一夫多妻政策』

少々ずれている気もするが、面白いことを考える人がいるもんだ

今の日本男児は精神的にも金銭的にも
そんなに養えるのだろうか?
そんな疑問を真面目に考えてしまうが
抱える事柄が大きくなれば、大志も抱く
こんな政策が、今の日本を良くしたりして

一夫多妻は別として
奇抜なアイデアが世の中を変えてきたのも事実
[PR]
by usui1966 | 2009-05-07 23:58 | Comments(0)

GW終了

道も混むだろうと、とくに予定も作らずにのんびりしていた
柔道での動きは、2日の高校団体の応援と4日の埼玉練成の見学のみ
これから大事な試合が続く
期待と心配が入れ替わりに来る時期
今からあんまり見ると、余計な考え事が増えそうだ

予定の無いGWだったので
考え事は多い時間だった
日常は、その場その場での考えが占めてしまうが
このような時間の時は、色んな事を考える
本当は、そんな事を考える時間を日常に取り入れるべきなのだろうが
あまり考えたくないのか、つい今忙しいふりをしてしまう
これではいけない
以前より、やることを作ってしまう癖が付いているような気がする
考える癖をつけなければ
[PR]
by usui1966 | 2009-05-06 23:59 | Comments(0)