<   2009年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

世界選手権の今後に期待

今年の世界選手権が終わった

来年は東京開催
毎年世界選手権が見られるのは嬉しい
回数が増えたことは、選手にもチャンスが巡ってくる可能性が増した事になる
ランキング制の導入で
オリンピックに出場するには、ポイントを稼げる大会に出る必要がある
世界選手権の出場は条件に近いだろう
その世界選手権に出るのにも壁がある
勝てば出れるものでもなく、選考という壁
選考の対象者になるまでは勝てばなれる
中学生でも高校生でも
IH、Jr、講道館杯、嘉納杯、体重別、これらには勝てば出られる
好成績を収めれば、強化指定となり選考対象選手となる

世界選手権が増えたことで、少しは選考も解りやすくなって欲しい
ランキング制を導入するなら
各国1名の縛りを排除して欲しい
世界選手権とオリンピックは、せめてランキング上位8名くらいは出られると面白いのだが
それで、その8名はシード分けして欲しい
by usui1966 | 2009-08-31 12:51 | Comments(0)

ドーンと鳴った花火

PM6:00ごろ
「ドーン」と花火の音がする
祭りを知らせる合図
今日は、地元の花火大会だ

きくちゃんに連絡をして、花火見学に向かうことにした

人混みをかき分け
きくちゃんと合流して、協賛席に案内してもらう

真下から眺める花火
「ドーン」と心に響く音
火薬の匂い
こんな所で花火を見物できるなんて、きくちゃんには感謝

首が疲れるくらい真上に上がる花火も絶景だが
何といっても音が心に鳴り響く
和太鼓の響きと似ている
心の底に「ドーン」と打つ
なぜか解らないが、感動する
ここからの花火は
見るものではなく、感じるものだ
by usui1966 | 2009-08-29 23:59 | Comments(2)

発奮材料

世界選手権二日目
寝不足になるのと、CMとかいらないシーンが多いので、今朝、録画を見た
30分もあれば試合は見られる

中村美里選手優勝
初の世界タイトルとなった
一皮向け安定した戦いだったと思う
ちょっとベテランぽい試合運びにも見えたが
あのように戦わないと、ヘンテコな技を喰らってしまうのだろう

相原の先輩として応援もしている
勝って嬉しくもあるが、ファンではない
特に相原勢が優勝すると
喜びは半分程度、他の思いが半分を占める
相原勢は同門の仲間でもあるが
仲間意識より、ライバル意識の方が優っている
同門を常に応援はしているが、それ以上に敵意も持っている
彼女達の活躍は、自分達を引き締める良い発奮材料
100%の応援は、子供が引退してからで良い
by usui1966 | 2009-08-28 06:57 | Comments(2)

無題

杏が沖縄から帰宅
深夜に家族4人が揃う

茜は体調不良帰宅
明日からの合宿には参加できなくなってしまった

寮へ迎えに行き、その足で夜間病院へ行った
『合宿に行きたくない病』ではなかったが
少しの間、安静が必要となった

合宿後の29日は、中学生が来校するようだ
先生からも、できる限り来て欲しいと言われているので
それまでには、確りと治し復活しなければならない
by usui1966 | 2009-08-25 23:59 | Comments(2)

沖縄全中 女子終了

全中も明日の男子個人を残すのみ

女子は、団体が2連覇達成、3冠へあと一つとなった
個人も田代未来が2連覇を達成、今思えば1年生の準優勝が惜しい
団体と未来の優勝は、大本命に上げられていたとは思うが
大方の予想通り勝つことが一番苦しく、辛く、困難を伴う
いつも絶好調で試合に臨めるわけではない
今年の未来は知っているだけでも、近柔、Jr、海外遠征、全日本強化合宿、国際試合と日本一忙しい中学女子選手だと思う
それらの試合、団体も含めて全て優勝していると思う
たぶん、いつも調子が悪い中戦っているのではないだろうか
その精神力が何よりも凄い部分だと思う
ご両親も全中を優勝で終れて、ホッとしていると思う

他のみんなは、惜しくも3回戦くらいが多かったようだ
あと一歩超えられず悔しい思いをしていると思う
それぞれあと一つ超えると、またぜんぜん違った結果を見ることが出来たと思う
団体を優勝した後の個人戦、並みの精神力では保てないものがある
明日帰ってくると聞いているが、それぞれどんな思いで帰ってくるのだろうか
杏も全中が終わり帰ってくると、寮を出る予定で居る
色々と話を聞きたいものだ
そして抱負についても話し合う時になる
by usui1966 | 2009-08-24 23:59 | Comments(6)

全中真っ只中

今日は体調が悪い
風邪が長引いている
薬も沢山もらった
いつもの薬と合わせると、朝は9錠も飲む
一日に飲む量は19錠にもなる
本当にこんなに飲む必要があるのか?
医者変えたほうがいいかなぁ

ちょくちょく全中の進行状況を確認している
HPでは準決勝まで来た
現地はもう決っているのだろうか
勝ち上がりを見ると、色々考えてしまう
今回は全国の畳にあがれなっかたが
楽しみは今後に残しておこう
by usui1966 | 2009-08-24 15:10 | Comments(0)

茜の夏休み終了

茜の夏休みも終了

IHでも会ったし、県武でも会ったので、ずいぶん会っていたような気がする

休み期間中は、昼間は友達と出かけてエンジョイ
夜は、クレーマーを着て総合体育館で自主トレをしていたようだ
現役選手としては当たり前なのかもしれないが
自主的に走ったりトレーニングをしているのを見て
「ずいぶん変ったなぁ」と感じる

家に居る間は、色々と話もした
毎日会っていると「今日はどうだった」と聞いても
「いつもと同じ」や「普通」などと返答してくるので
子供とは、たまに会うくらいの方が
コミュニケショーンがとれて良いのかもしれない

IHの宿では、相原の同級生が9人も泊まっていたようだ
連絡を取り合ってロビーに集合したようだが
9人も集まるとは凄い
その場に居るという事が、大切であり
いつまでも全国大会は、相原の同窓会的な逢える場所であってほしい

杏は明日から沖縄だ
by usui1966 | 2009-08-20 23:59 | Comments(6)

休憩終了

お盆は仕事をする予定だったが
茜が帰ってきたりと、モードが変り
ほとんど仕事が出来なかった
まぁいいか
8月後半は、気持ち良く冷静に仕事に向いたい
仕事を楽しく過す事は
毎日を楽しく過す事
やはりチュウのベースは仕事であり
仕事は特技なのだから
子供達が特技で頑張っているので
親父も特技を活かす
by usui1966 | 2009-08-16 23:59 | Comments(5)

IH 天理

2009近畿まほろば総体

予選が終わってから長かったが、その日が来た

11日 AM1:00出発
天気予報を何度も確認する
台風と交差するようになりそうだ
時折激しい雨、安全運転を心がける
AM8時ごろ到着、予定よりかかった
土砂降りは走りづらい
9時開始と思って家を出たが、団体戦が先にあり、個人はどうも11時~のようだ
のんびり朝飯を食う

なんか地震があったらしい
地元FMで聞いた
後で知ったが、東名高速は地震の影響で崩れて通行止め
そこを通過したのは数時間前
11時開始と知っていて、遅く出たら危なかったと思う

2回戦から出場
IHにシード分けはない、場所は適当に決まる

初戦から負けた試合まで
常に決勝戦のような苦しい戦いが続く
全員1位の選手、ほとんど茜より強い

こつこつギリギリ拾いながら
お土産を頂いた

d0003009_1744219.jpg
ゴールドに見えるが残念ながら違う
激しい想いが、写真うつりに出てしまった
しかし、立派なメダルだ
2009IH仕様
周囲には『粘土瓦』
奈良時代より伝わる瓦を採用
今も寺院を中心に使われているようだ

負けた準決勝の試合が
一番動きも良く、GSまでは惜しい場面もあっただけに
ファイナルに行かせてあげたかったが、本日の戦いはここまで
優勝者相手に負けたが、次に繋がった内容は残すものがあった
なにより本人が、入賞より「負けてしまった」との想いが強いことが嬉しい
「準決勝まで来た、これでなんか貰える」と思わない選手だったことが、本当に嬉しかった
(親は思ったが、本人には厳しい顔をする)
運と流れを引き寄せれば、出場した選手全員に権利が有る事を再確認した
『強い・弱い』は、その可能性だけの問題であり
この畳に立てば、全員にチャンスがある
今日、強いか弱いかの問題で、誰が優勝するかは判らない

学院内では
「茜が出来るんだったら、誰でも出来る」
と、妙で少し複雑な、選手の意識改革に繋がった
だが、その通りである
エースが入賞したわけではない
凡人が出した結果だ
全国優勝は、誰でも可能性はあると思う
ハンドボール投げ4m、泳げない、足も遅い、自転車に乗れたのも遅かったしよくコケていた
逆立ちも当然出来ないし、前転すら不細工だ、逆上がりも出来ないだろう
基本的に運動神経が良い子が出来ることは、だいたい苦手だ
それでも、誰でも可能性はあると思う

d0003009_18233459.jpg
記念写真は、この一枚だけ
「下に降りて一緒に写真撮ったら」と言われたが
次の機会にしようと思う

仲間から嬉しいメールが届く
「おめでとう」の言葉は嬉しかったが、意地を張って「負けたのに?」と返信
柔道を通して繋がった仲間からのメールは、本当に嬉しいもだ

あんなじじさんに付き合ってもらい、飲みすぎた
翌朝は体調不良、ボォーとホテルの朝食をとっているとメールが来た
神奈川新聞の写メ付き
3位で大きく取り上げてくれていた
ありがたいことだ
たまたま他の競技が悪かったのだろう、とてもラッキーな出来事
横浜隼人の甲子園が翌日で良かった

裏を返せば、3位で褒められてしまう選手と言う事
今後は3位じゃ驚かれない選手にならなければいけない
その様な選手でなければ、次の段階へは進めない

天理を出るときガソリンが少ないのに気づき
高速に乗る前に入れようと、スタンドを探すが見つからない
どんどん山中に入っていく
ナビゲーションは『天理ダム』
これはまずい、ダム周辺は危険だ、遭難する
JAFを呼ぶにも居場所を説明できなくなるので車を泊めて諦めた
バス停に停車したので、明確に場所を指定できた
ガス欠なんて初めてのこと、買おうと思っていたIH記念品もすっかり忘れていた
本人とは裏腹に、親は浮き足立っていたようだ

帰路は東名高速が通れないので、中央道で突っ走る
色々あった1泊2日が終わった

さぁ終わったことは忘れて次
by usui1966 | 2009-08-12 23:59 | Comments(13)

8月にやりたいこと

日本の8月は、どうもまったり感がある
「ニッパチ」などと昔から言うが
8月は経済の活性化が乏しくなっている気がする
夏季休暇なるものがそうさせていると思う
墓参りに行かないので、個人的にはお盆なんて無いほうが良いと感じる
お墓参りや、先祖を偲ぶのはとても良い行いだと思うが
日本中が一斉に休むのは、今の社会にとってどうなのだろうか
多くの人が、夏休みの前にはビジネスの減退行動がおこる
休み後も、ペースが戻るまで時間がかかるだろう
日本全体で、8月を止めている気がする

そんな たるんだ日本の8月には付き合っていられない
有効に使おうと次なる作品に取り掛かった
通常の業務に追われない、この時期だから出来る事がある
集中できる時間を多く取れると思えば、8月も悪くは無い

せっせと新作HPの準備に取り掛かり始めた
今はメモ程度だが、このメモ期間が長い
おおよそ3ヶ月はメモだけの作業だ
出版や芸術などの取材やデッサンの段階と考えれば、3ヶ月は短いかもしれないが
HPは、発表してからも作品つくりは続くので
この程度で一度切り上げて、製作段階へと進む事にしている

コピー用紙の裏、手帳の片隅、紙ナプキン、チラシの裏、携帯電話、あらゆる場所で思いついたらメモを取る
こんな思考の時期は、どこへ行っても、何を見ても、どんな本を読んでも
特に考えていなくても、作品に関連するメモが増える
どんな事でも、取り掛かっている作品と結びつける傾向が現れる
ただでさえ遅い読書がさらに遅くなり
調べ物をしていても、度々中断する
関係ないサイトを見ていても、思考が脱線する
運転も度々停める
アイデアが浮かんではメモ、コピーが浮かんだらメモ
同じこと、似たような事、重なっている事も多いが
今は何も考えずに、浮かんだらメモをする
メモを取るようになったのは、昔からの事ではない
アイデアや発想って浮かんでは消え、忘れる
良い・重要、問わず忘れてしまうことが多い事に気づき始めた
以前は、メモをしなくても忘れずに頭に残ったことを大事にしていたが
最近は、メモの重要性が解ってきた

お盆中の時間が許す時は、会社にこもり静かな環境でメモを取る
「今やらなければいけない」「いつまでにやらなければいけない」そんな状況の中では、良い考えも浮かばない
いつでも始められて、いつでも止められる、何にも束縛を受けない余裕が一番良い
そんな時間を作るのに適しているのが、お盆だ
作家は宿にこもり、画家はアトリエにこもるのが、良く解る
そのような自分空間に身を置かないと、何も出来ないのだと思う

沢山のメモ書きを整理していくと
何をしたいのかが自分自身で整理されていく
方向性が明確になる、今回は特に一つのキーワードに特化したHPなのでブレはいただけない
形作りの作業は膨大ながらも、ノンストップで進まないとならない
迷いや躊躇が出るようでは、良い作品は生まれない

メモを整理しながら、サイトマップをぼんやり考える
小説で言えば、プロットの段階だろう

ビジネスHPは面白く、遣り甲斐もある
結果は明確で、様々な数字が成績表として現れ、色々なものが見えてくる
HPから生まれたものを活かす努力も必要になり
結果として、人間力も鍛えられてくる
手がける過程での副産物は多い

あと一ヶ月は、メモ期間にする予定
9月初旬には、日本最大の看板関連の展示会がビグサイトで行なわれる
『サイン&ディスプレイショウ』の見学がメモの一区切り
色んなサインを見て
色んなサインを作る機械を見て
色んな売っている人の話を聞いて
何を思い、何を考えるか
シナリオを考える最終段階としては、とても良い舞台だ

去年も似たような事をやっていたが、結果として今年表れた
今年も、来年のための8月にしたい
by usui1966 | 2009-08-06 23:59 | Comments(0)