<   2013年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

かつじ

村上春樹の1Q84おもしろい
いまさらですけど、小説はあまり読まないので

2の半分くらいまで読み進めた
ちょうど半分

今日はここまでにしよう、と毎回の決断がひつよう
つぎを知りたいが、次の楽しみと〆る
ロールプレイングゲームを、理性あるコントロールを持って一時中断するように

幸いに、超有名なベストセラーだが、あらすじも知らないから楽しめている

読み進めるうちに
キャラに声がキャスティングされていく
ごく自然に、各登場人物にあのアニメのあの声優というぐあいに設定されて行く
キャラデザインも、今では頭では固まっている
漫画やアニメをみるように、読む
とても新鮮な現象だ、小説はあまり読まないから
読んでいるんだけど、頭の中はアニメーション

ライトノベルには手を出すのはやめよう、と誓う

限られた時間、媒体、メディアは選ぶ必要がある

ぶ厚い2巻スティーブ・ジョブズが100円だったので買った
読んでみると、とても面白い
つまらなかったら、読まないと決めてBOOKOFFで買ったが
たまたま手にする本には恵まれている
しばらくは、信号待ちも有意義な時間だ

何がいちばん安いかと問われれば
本と答えると思う
ダイソーは好きだが
100円で、ここまでに与えてくるものは思いつかない

自分はいつから活字を苦にしなくなったかは判らない
本や新聞には、ずっと拒否反応があったはずなのだが
子供の頃、活字同様に歴史にもまったく興味を示さなかったことと似ている

みんな、本とか携帯とかで活字をみている
バスとか電車で
実はみんな活字が好きなんだなあと思う
[PR]
by usui1966 | 2013-06-27 23:34 | Comments(0)

ステル

仕事のPCを2台購入した
2台とも中古、価格は3万円前後
Win7のデュアルコア、メモリも4GBある
一昔前のといえばそうなるが、事務ごとには十分なスペック
キングソフトオフィスという、Office互換ソフト入れたが
これが普通に使える、なんら問題ない、
1000円というビックリOffice、海賊版じゃない一般的なソフトらしい、勉強になった

こんなスペックのPCが、この程度の価格で購入できる中古市場を知って
自宅にある10数年物のXPに、狭い部屋の一部スペースを提供していることが許せなくなり
スッキリ捨てた、ただいま我が家にはPCがない
1年くらいPCの電源をいたれたこともなかったので、たぶん家では必要ないんでしょ

いまのマイブームは、『捨てる』
家の中で、使ってないものや、必要なさそうな物を探しては捨ててる
使えそうな物でも、存在を忘れていたものは捨てる
どこに何があるか把握できる程度の物しか残さないようにしたい
いつか使うかもと思ってしまい込んで忘れる前に捨てる
もったいないかなあ、と思いつつも
これがけっこう気持ちがいい

事務所の机を整理したら
引き出しは、ほぼ空っぽになってしまった

もう一段階、捨てるレベルを上げると
まわりの物は、いまの30%まで減るだろう

普段の生活に、それほど物は必要ないことに気づかされる
[PR]
by usui1966 | 2013-06-26 22:31 | Comments(0)

HPゲーム

5年前にはじめたゲームに、いちおうの区切りがついた

5年前にはじめた生業のHP制作
業種から考えて、HPは向いていないと考えながらのスタートだった

やるからには、目標というか指標のようなものをたてた
目標という言葉は好きじゃない

売り上げより、検索上位だけ考えていた、そんなゲーム
神奈川県でやっている看板屋なので
検索キーワード『看板 神奈川』で一番上にくること

Yahoo、Google、約1千万件のヒットワード

はじめること2年以内で1ページ目に躍り出ることはできた
以降、TOPページは死守するも、ベスト5前後を行ったり来たり

そんななか、やっと
Yahoo、Google、ともに1位になった(油断すれば下がるんだろうが)

1千万分の1にたどり着いた

この業種では、メリットはそれほど多くはないが
HP管理としての、この実績はとても活きるはず
年間の投資は30万円前後
時間を捻出するためには必要な投資と割り切っている

この経験と体験と知識は
もっと活かせる場に使いたいと考えている

まずは、5年がかりのゲームはあがりました。
[PR]
by usui1966 | 2013-06-25 23:30 | Comments(0)

ガリレオ最終回

『ガリレオ』最終回までおもしろくみさせてもらいました

ただ、最終回がいちばん残念だった

ときどき? になる

ドラマだから、かたいことはいいのだが
最終回にかぎって、引っかかることが多かった

最終回は最悪な脚本だったと個人的な感想

トリックがずさんすぎるのでは

1年前に仕込む理由
薔薇が枯れるほどのヒ素が残っている水道を見逃がすか
物理とはぜんぜん関係ないような、ガリレオの出番なし
よってタペストリーの裏に書いた数式もタイミングも不自然に感じた

原作はしっかりしてそうな気がするけど
たぶん、2話延長でもドラマで表現するのは無理があったんでしょう

ガリレオⅢ
まってます
[PR]
by usui1966 | 2013-06-25 21:02 | Comments(0)

かじ

舵が届いた

おもいのほか、でかい
そして、重い

古そうなものなので、木にツヤがない
少しだけリフィニッシュすることに
とはいっても、この手のものは綺麗にしちゃっても味気ない(大変だし)
水拭きで落ちる程度の汚れをとり
チーク用のワックスにするか
アンティーク家具用の蜜蝋ワックスにするか
ちょっとだけ考えて、チーク用のワックスにした
蜜蝋は仕上げがめんどいし、匂いが充満するし
すでに酔っ払いだったので、お手軽をチョイス

手で綺麗にしていくと、隅々までよくわかる
めくれ、傷、すりへり、汚れ
レプリカのオブジェと思っていたが、飾っといてこういう風になるんだろうか
いちばん気になったのは、8本ある取っ手の
2本だけが明らかに黒く汚れている、とくに先端が真っ黒
ウィンザーチェアの背もたれの上部分の汚れに似ている
うちにあるすべてのウィンザーチェアに、同じような汚れがある
背中があたる部分なので、皮脂とホコリなどで汚れて固まるのだと思う
d0003009_19132714.jpg


もしかしてこの舵は、本物かも?実用ものかも
上部の二本の取ってが、とくに汚れているのは
両手をのせてるか握っている時間が長いからかも、と想像した

買ってから調べたが
舵には、実際に使用されていたものと
飾り用のレプリカがあるようだ
レプリカでもちょっといい値段
そのレプリカ品よりすごく安価でヤフオクで買えたのだが
舵って意外にも人気アイテムみたいで、安く出品したものはけっこう競り上がっていく
買ったものは、自分以外の入札は無かった
不慣れな出品者に感謝する
落札した舵は
舵、ラット、船のハンドル、などの検索ではヒットしなかった
キーワードは『船のかじ』
ひらがなの、かじ でないと出てこない隠れキャラだった

アンギアーリの戦いを外して
朔夜の隣にかけた
d0003009_19325781.jpg

[PR]
by usui1966 | 2013-06-22 19:32 | Comments(0)

小説は

1Q48
1を読み終えた
明日には2巻がとどくだろう
いいタイミングだ

とてもおもしろい
すすむにつれ、散らばった出来事が整理されていく
はやく整理をしたい、という感覚が飽きさせない

分厚い3巻
楽しみながら、ゆっくりと
週一のドラマを見る感覚で、1話つづ

小説はあまり読まない
ほとんど読まない
読むとすれば、実在がモデルの経済ものか歴史もの

フィクションは活字でよまない
時間がかかるから
小説はとくに時間がかかる
情報を把握する作業とはちがい、空気も読みとらないとならない

フィクションは動画
人の創造したことを、どの媒体で教えてもらうか
原作(活字)の方がいい、という人はおおい
それは理解できる、原作がいいから動画になった

小説はほとんど読まない
この1Q48以前は
すぐ思いだせるのは、ダヴィンチコード
他は、集中して記憶をたどる必要がある
ダヴィンチコードも分厚い上下2巻だった
時間がかかるから読まない小説なのに
[PR]
by usui1966 | 2013-06-19 23:11 | Comments(0)

リベンジ

いま、わたしは何も持ちあわせていません

賃借対照表でいえば、資産の項目がからっぽ
しいていえば、負債もからっぽ
賃借対照表がからっぽといえます
さらに、損益計算書の動きもあんまりありません
わたしのバランスシートは現在
限りなくブランク
高校生程度の白紙に近いものです

しかしながら、それなりに
ちっぽけな脳味噌という財産を、ほそぼそと、こつこつと
たくわえてきました
それはそれは、質の悪いハードのうえ、あっちいったり、こっちいったりの
こつこつなので、たいしたものではないのですが

あらためて
今までの人生を整理して、心の再構成をしています

まだまだ修行中ですが
おおよそ50歳までには、あらためて土俵に立つつもりでおります

人の奴隷にならない

時間の奴隷にならない

金の奴隷にならない

奴隷という言葉が適切かわかりませんが、
他の表現がみつからなかったので、かんべんしてください

この3つを熟知した後に
あらためてのアクションを

いくつになっても
遅いということはないと思うので
やり直しです
[PR]
by usui1966 | 2013-06-19 22:18 | Comments(0)

ジュモー

鑑定団みてたらジュモーがでた
ときどきでるけど
どうもジュモーは解らない
600万ですと
いっつもジュモーは高価
どうしても理解できない、ピカソをみるときと同じ感じ
まだまだ未熟なんだろうか
アンティークの良さが伝わってこない
人形なら日本の市松人形とかは、びしびし伝わってくるけど、ジュモーには来ない
現代創作人形の方がはるかに魅力的

売っちゃいけません、という縛りがあったら
あげるといわれても、ことわるでしょう

自分には趣味じゃなくても
それだけ価値がある存在を理解できないことにいらだつ
自分は嫌いでも、客観的な価値を見出せないことに

有名ブランドはなにも持っていない(いわゆるコピーされるような)
ひかれるブランドはないけど(好きなメーカはある)
持つ人の価値観は少なからず理解できる

どうしてもジュモーだけは理解できない
[PR]
by usui1966 | 2013-06-18 21:50 | Comments(0)

かじ

また、いらんものを買ってしまったのかもしれない
d0003009_23411268.jpg


かじ
船の舵
ラットともいうらしい
詳しくはない

大きさは1mくらい

とうぜんオブジェとしての購入だが
いちおう道具
そういえば、
古い物ですが、普段の使用には問題はありません、みたいな説明があった
これって普段使うんだろうか、わからない
まあハンドルなわけだから、使う人もいるのかなあ

地球儀を見ながら
世界は丸い、勝先生がいっちょった、ここがエゲレス
わしは黒船に乗って世界をみるじゃけん
そんな妄想小道具としては使うかも
[PR]
by usui1966 | 2013-06-18 00:02 | Comments(0)

ある人が、「文明は渦のようなもの」といいました

陶芸工房でのこと、
ここ数ヶ月、せっせと土器制作にはげんでいる方がいます
写真を見ながらの再現制作
とても繊細で複雑な紋様の花器ってところだろうか
当時、どのように使っていたかは知る由もない

そんな土器の作者さんと話をして
その作っている土器は、縄文時代の模写とのこと
知識人の作者は、縄文時代の話をしてくれた
日本の古き良き時代なのかは解らんが、縄文時代は、とっても長いことはわかった
アンティークは好きだが、縄文時代の物には今のところ興味はそそられない
縄文時代は、とにかく長いようだ
今まで気にしてなかったから、知らなかったが
1万3000年らしい
そんなに長い石器時代
そんな昔なら、人間も石化燃料になってるんじゃないかと、本気で考えた

文明は渦のようだ、と聞いたことがあります

最初は大きくゆっくりで
渦の中心に向かっていくほど、小さくスピードが増し
最後はすべてがなくなっちゃう
そんなことなのだろうか

いちばん大外のゆっくりとした流れが、縄文時代だとすると
なんたって1万3000年だからなあ
もう、限りなく真ん中に近いきがする

平成25年、昭和64年、大正15年、明治45年
江戸までたった約150年

早すぎる
急ぎすぎ

文明が渦の流れだとしたならば
どうあがいても、スピードが上がっていくのは自然現象なのかもしれない
[PR]
by usui1966 | 2013-06-17 20:21 | Comments(0)