<   2017年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

投資 投機 ギャンブル?

最近、投資の勉強を始めている
そんな自分の今までの投資歴を遡った

仕事も投資と言えるのが、それまで入れると書ききれないので、仕事は除く


まず、15歳の時に給料を貰い始める社会人となった
15歳とはいえ、保証人も付けずにアパートを借りて一人暮らしを始めたのだから、社会人と言っていいだろう
その、最初のボーナスで『赤井電気』と言う企業の株を買ったのを思い出した
通勤中に、誰かが読んでいたタブロイド紙に乗っていた企業だ
その頃、人が読んでいる新聞を読む癖があった
その人が読んでいる主に裏面だが
赤井電気は上がると書いてあたので、素直に買った
そして損をした、損失がいくらかは覚えていない
始めての投資だった
それから、何度も株を買ったが、利益を出した記憶がない
その思い出の赤井電気をウキペディアで調べると、2000年に破綻していた

二十歳の時に
マンションを2,400万円で買った
まだバブルの崩壊前だったので、2年後に3,000万円で売り抜くことが出来た
しかし、このマンションの購入で
4年付き合っていた彼女と別れることになってしまった
結婚すると思っていたけど、なんの相談もなく100%のロングローンを組んでの突然のマンション購入は
同じ年の彼女には、相当危険な人物と思われてしまったようだ
このマンションも、22歳で売ったのだが
なんの考えもなく、偶然にも手にした500万円だったが(諸経費を除くとそんなもんだったと思う)
あっという間にギャンブルで消えてしまった
もう少し正確に時間をいうと、2400m馬が走った時間なので、2分ちょっとで消えたことになる
ゴール前の柵を握りしめて、人生終わったとも思える心境になったが
翌日には、結構ケロッとしていた
22歳の子供の貯蓄が99%以上が消えたのにだ
おそらく、これは生活に支障を来す事柄ではなかった事だからだと思う
その額面が、いくらだろうが
借金をしての金や、その金が無くなると行き場がなくなるなどない限り
自分の精神は壊れないと実感した出来事でもある

このマンションに住んでいた頃の事なので
おそらく、21歳くらいだっただろう
この頃、野村證券で盛んに株の信用取引を行っていた
銘柄は忘れた、不動産関係の株だったと思うが、50万円の利益が出ていた
決済日に500万円を入れないと、利益が確定できない状況に陥った
結局、ある日の夜間に野村證券の人が来て、利益放棄という状況になってしまい、以後口座は封鎖されてしまった

27歳の頃
先物取引で大損をした
この頃、少し怪しい仕事で長らく利益を得ていたので、金はあった
豊商事という会社の人の言うままに、買い売りして多くの損失を出した
ゴムとか穀物とかいろいろ
今思えば、虫に食われたや台風の影響で高騰するなど、いい鴨にされてしまった
しかし、決断したのは自分なので、営業マンには非はない、知る情報を伝えたにすぎない
この時は、会社が傾くほどの損失を出してしまった
いくらかの損失だったかは覚えていない
都合の良い方へ人は忘れてくれるもんだ
いつまでも引きづらないように
自分は、忘れる天才だと自負している

40歳代後半
なんとなく、株を買ってはみたが
負けて、口座のみを残して手じまいをした

今までいくつかの投資をしてきたが
50歳になって、初めて気がついたことがある
「おれは投資について何も勉強をしたことがない」
単なる、負け決定のギャンブルをしていただけ
ただし、負けたままではいけない
負けから学び生かさないと

なので、再チャレンジをすることにして
数年ぶりに口座を動かした

それも、今までとは違って
勉強しながらの、再チャレンジ

こんな基本的な見直しに
何と、35年もかかってしまった

ぜひとも
今までの35年間は
今あるための勉強・授業料だったと思える日が訪れたいものだ

[PR]
by usui1966 | 2017-04-29 23:07 | Comments(0)

自分

人間観察が得意な人がいるが
一番に有効な観察相手は、自分自身であると最近になって思うようになった
自分自身を知れば知るほど、良いことが起こる
例えば、スタッフの特徴や長所などをよく把握して、力を最大限に発揮してもらうなどは、当たり前の考えだが
いかんせん、同僚といっても他人である
しかし、自分自身は唯一の他人ではない
そして、人のことはなんとなく解っても、意外にも自分の事は解っていないものだ

自分は、どんな特徴を持っていて、長所や短所はなんなんだ
こいつ(自分)に、こんなことをやらせると、生き生き動くのでは
こんな命令を下せば、能力を発揮するのでは

自身を別人と考えれると整理できる
「唯一の他人ではない」と言ったが、他人と考えたほうがスッキリする
自分はこういう人間なんだと決めつけるのは危険だ
それは、自身もどんどん変わるからだ
観察を怠ると、その変化に気がつくことが出来ない
こいつは、こういう人間なんだと決めつけ、勘違いした命令を下すことになってしまう
変化に気がつけば、「もう少し上の仕事を、そろそろ任せてもいいかも」と命令のレベルも変わる

自分は、この世で一番自由に都合よく使える部下である

自問自答、自分に言い聞かせる、などとよく言うが
自分の中には、2人以上が存在していると考えると理解しやすい

一人の自分は、部下である自分をよく観察して
最大限の力を発揮できるような命令を下す

大事なのは
部下である自分を、しっかりと理解し把握すること

多くの失敗と言えることは
自分という部下を知らなかった、または悪い部分を放置した結果だと思う
その結果を踏まえ、命令する上司の自分が気を引き締めればいい

無理な要求や、過保護をすれば
結果は言うまでもない

今の会社のスタッフは9名
いろんな書類に、従業員の人数を書くことがある
今までは、当然だがその通りに記入していたが
今後は、10名と記載するかもしれない

最強の1名を加えないわけにはいかない

[PR]
by usui1966 | 2017-04-29 21:46 | Comments(0)

ゲーム

投資のお勉強などに、初めて取り組むことにした

かなり甘ちゃんな気持ちでの勉強なので
結果には期待していない
一種のゲームのような感覚で楽しめればいいかなと思っている

投資で結果を求めるなら、本気の取り組みが必要だ
本気で取り組んだとしても、結果が付いてこない世界でもある
これは、投資に限ったことじゃないが

ゲーム感覚で行うことには
投資において良い面もある
ゲームなので、結果によって精神が侵されない程度に抑えること
このルールが守れないと
もはや、ゲームではなくなる

もし、このゲームで利益が出たとしたら、どう分析するだろうか
自分のアイデアは正しかった、額面を最大限増やして勝負に出るか
それは違う
ゲーム感覚で、客観的に冷静に相場を見ていたから、結果がついてきたと思うべきだ
マーケットへの投資は、己との心理戦だと思っている
額面を増やすにしても、自分の精神力の範囲内に抑えるべきだ


仕事についても
ゲーム性を持って行うことが多い

実験の連続とも言ってもいい
実験をすれは、その結果を見るのが楽しみだ

ゲームというのは楽しいものだ

ゲームは、なぜ楽しいのか
負ける可能性の存在が必須であり
必ず勝つ、または必ず負けるゲームなど、面白くはない

なんでもそうだが
楽しんでやっている人にはかなわないものだ

[PR]
by usui1966 | 2017-04-29 21:26 | Comments(0)

おじいちゃんの本当の財産

アメリカの、ある おじいちゃんと息子のお話

おじいちゃんは、若い頃に奥様に先立たれましたが
一人息子の事を、生きがいと思い懸命に育てました

息子は、大学を卒業し某有名商社に勤めました

息子は、就職をきっかけに、おじいちゃん(父)とは離れて都心に出て
25歳になって結婚をしました

息子は、仕事は忙しい、子供も妻へのサービスも大変
全く余裕がありませんでした

時折、おじいちゃんから連絡が来るも
無愛想な態度か、無視する日々が続きました

おじいちゃんは、とくに仲がいい友達もいない
息子や嫁、孫と、本当は楽しくしたかったのですが
なんとも冷たい息子が寂しくてしょうがないが
それでも「息子も忙しいのだから仕方がない」と日々を暮らしていました

おじいちゃんは、いわゆるブルーカラーと言われる仕事分野の人で
収入もそれほど多くはありません
息子は、そのことをずっとバカにしていました

息子や孫と楽しく過ごしたいと思いながらも
煙たがれる息子達との縁はどんどん離れ
ついに50年以上も会うこともなく、おじいちゃんは亡くなってしまいました

そんな孤独なおじいちゃんにも
たった一つの趣味とも言えるものがありました

それは会社の株を買うことでした

毎月、給料をもらうと
自分が気に入った会社の株を買う
生活費だけを残して余ったお金の全て株を買っていました
息子が独立してから、約50年間、毎月、コツコツと
毎月、株を買っては、日々の新聞を見るのが唯一の楽しみ
ただ、おじいちゃんは株は買うけど、売ったことは生涯一度もありませんでした

76歳でおじいちゃんは、亡くなったのですが
発見されたのは三日後のことでした
生真面目なおじいちゃんが、仕事を休んだことで、従業員の方が不審に思って発覚しました

おじいちゃんは、息子の引き取りもなく
静かに、努めていた会社の方の恩義で土に眠りました

その後、おじいちゃんの遺産で社会現象が起きました

おじいちゃんが、コツコツ50年間買っていた株の資産が
30億円になっていたからです
小さな金庫からは、株券がたくさん出てきました
今はネットで取引をする時代で、株券なんか見たこともない人も多いなか
おじいちゃんは、株券を必ずもらっていました
おじいちゃんは、毎月 日本円で約5万円程度の株を50年間買い続けました
12ヶ月✖️50年 約3,000万円の投資ですが、それが なんと100倍になっていたのです

その後、息子という人が名乗り出ました
その人は、確かに50年間もあっていなかった実の息子でした
とくに相続問題もなく、そのまま30億円を相続しました

その5年後、その息子は多くの悲惨の末に亡くなりました

息子は、金を財産として相続しましたが
本当に価値ある財産は、おじいちゃんの思いや気持ち考えだったと後悔し
すごい投資家が近くに居ながら、何の教えも得られなかった
そんな父の、最大の財産を相続できなかった事を悔やみながら、自らの命を絶ちました


この話は
最近実際にあった出来事をもとにした作り話しです

[PR]
by usui1966 | 2017-04-28 02:00 | Comments(0)

負けている時の心理をコントロールすることで

株式、先物、不動産、FXなど
投資などで負けてしまう心理の中で、よく言われる事がある

負けが重なった時など
「これだけ下がったのだから、もうすぐ上がるはず」

そんな心境で、根拠もないナンピンなどをする
または、上がると思っていた根拠が崩れたのに、持ち続けてしまう

最初の目標とは一転して
取り返す、元を取り戻す、と心境は瞬時に変わる
その様な考えが起こる人は、ほぼ負けてしまうそうだ
大勢の人がそうであるように、そして大勢の人が負ける

人は、どうしてもそう思いたくなる
ルーレットで、赤ばかり来れば、次は黒が来ると思いたい
丁半で、丁が出続けていれば、「次こそは半だ」と
赤ばかり出て、丁ばかり続いて、なおかつ負け続けていれば
その様にしか思えなくなってしまう
実際は単なる算数で、何が続こうが2分の1でしかない(ルーレットは除く)
パチンコでも、つぎ込んだ台に執着するのもそんな心理だろう

競馬でも、株でも、先物でも
競馬新聞やチャートを見れば見るほど、自分の思う通りになる様な気がしてならない
そんな思い込みの心理が負けを増やす

これは、経営でも同様である
仕事は賭け事ではないので少し違う面もあるが
また、株などの投資を仕事にしている人もいるので、それらも少し違う
しかし、同様な心理状態に陥り潰れてしまうことは大いにある世界だ

この心理のコントロールを扱えると
それらはギャンブルではなくなり
また、コントロールがきかなければ
全てが、一か八かのギャンブルになってしまうだろう

[PR]
by usui1966 | 2017-04-25 23:06 | Comments(0)

存続するには

以前にも似たようなテーマを書いたが

「会社生存率」または「企業存続率」とも言うが
国税庁がまとめたデータには考えるものがいろいろとある

存続率(生存率)
5年 15%
10年 6.3%
20年 0.4%
30年 ほとんどいない

そんな生存率だが
ネットを開けば
生き残る会社や社長、またはその逆など
たくさんの事が書かれている
なるほどと思う事も多いが
あくまで参考までにとどめたい

それは、会社は生存する事が目的ではないから

会社は、関わる人とその人の社会において貢献するものだ

会社が存続しなくても、人が存続すれば良いと思っている


「毎日の判断と行動、そして変化の継続」

変化なくして継続はない
継続しなければ、10年も来ない


[PR]
by usui1966 | 2017-04-25 20:46 | Comments(0)

初めの一歩

お友達の運転手を生業にしている方と話をした

以前から知っている人なので、たくさんの本音で話ができる

素晴らしい感性の持ち主で
いつでも違う世界に羽ばたけるのに、と思うのだけど
今の状態に止まっている

状況を聞けば、頷くしかない

だが、不満足も伝わるだけに、勿体無い

たった一歩

その人は、一歩踏み出せば
とんでもない結果を生み出すと思う

[PR]
by usui1966 | 2017-04-21 21:52 | Comments(0)

踏み出せば

自分が携わっている業界の
その同業者に対してのサービス系事業として
『仕事のマッチング』と『集客につながるポータルサイト』の運営を行っている

この業界においては、同業者が行う事はとても珍しい取り組みなのだが
ビジネススタイルとして確立させることは、なかなか難しい
メリットを見出し難いので、誰もやらないともいえる

だが、続けてみると、いろいろと良いこともある

たくさんの同業者と話す機会に恵まれる
これには、大いに学ぶべき部分が多岐にわたる

また、全国展開をすることで、他方に協力業者が増え
今までは距離的や内容的な障壁で、対応が出来なかったことも
可能になり商圏が広がる

今日も2つほど、そんなメリットを感じた

1つは静岡県との新たな繋がり
もう一つは埼玉県の業者さんで、1年ぶりの連絡だったが快く協力に応じてくれた

どちらも、それらのサービスを始める以前なら
自社のキャパのみで考えるしかなく、せっかくの案件も活かす事は叶わなかっただろう

「狭い日本」というが
関東圏から長く動かなかったので、日本は広いと思っていたが
毎日、日本地図を開きながら仕事をしているうちに
日本もだいぶ小さく見えてきた

「正しいことを行っている」と思い続けているから
継続することができ、関わる同業の方にも伝わると信じている

[PR]
by usui1966 | 2017-04-20 21:49 | Comments(0)

いつも良いイメージでありたい

朝からニュースといえば、暗いことばかり

不必要な情報
入ってこない方がいいことばかりを耳にする

テレビからの情報は、選べないから良くも悪くもあるけど
最近は特に悪い部分を感じる

単に精神的に暗いニュースは、マイナスでしかない
本来は知る必要すらない事ばかりだ

ワイドショー的なニュースを耳にしたくない
何が楽しくて話題にするのか
そこから、何か学べるのだろうか

朝は大事な時間帯
そんな始まりに、暗いニュースを聞かされるとトーンダウンする
例えば、著名人が亡くなったなど
くだらない話題作りのネタでしかない

テレビっ子だったのに
テレビ放送を見る機会が激減した
ネットの普及もあるが
人をダメにする情報の垂れ流しを感じる

知ってか知らずか
天気、占い、スポーツ、料理、クイズ、地域情報
そんな感じの朝になってきた

それで良いかは判らないが
朝の番組は、人々にマイナスなイメージを与えてはいけない
全く自分とは関係ない、不幸な事件は知る必要がない
知りたい人は調べれば良い

誰かが死んだなど
深夜やれば良いし
いち早くネットで配信するので、興味がある人はみている

世界情勢も、メディアが都合の良い情報として発信する

つくづく、やめてもらいたい

[PR]
by usui1966 | 2017-04-16 00:55 | Comments(0)

活かす場

仕事は好きなんだろう

仕事をしないとやることが無くなってしまう

好きなことをして過ごす
仕事もその一部だ

やらされているのか、自主的にやっているのか
その考えや思いで大きく結果は異なる

『不労所得者』というキーワードがあるが
これは、楽しいのだろうか?と思うことがある

不労所得者とは
不動産収入や、あまり動かずに投資のような収入で生計を立てている人のことを言うらしい

不労所得は、有るに越したことはないが
社会の一線で動いてこそのものだと思う
不労所得も維持するには、一線にいないと難しいと思うのだが

仕事は、自分のパフォーマンスを出す場所であり
その評価を試される機会でもある
そんな繰り返しが、自分を作ってくれると感じている

「仕事」というと、なんかイメージが悪い
「公演」と言うべきなのか

考えて、形にして、評価をもらう
どんな立場の人も、きっと場はあるはず

「仕事だから」と動くよりも
これから、自分の公演をしよう、またはその準備をしよう

仕事を利用して、何かを生み出す
今までは無かったサービスや売り上げや雇用など

与えられた仕事を淡々とこなす人も必要だが
その仕事を生み出すことは、もっと楽しいことであり
誰にでもどんな立場でも可能性があることだと思う

[PR]
by usui1966 | 2017-04-14 23:55 | Comments(0)