<   2017年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

辛い

せっかく書いた記事が消えた
結構ショック

辛いをテーマに、書いたが消えてしまった

辛いとは
過去の経験との比較
辛い想いにはジャンルがある

辛い経験は反骨精神になって出世していたが、今は違う

そんな事を書いていたが

[PR]
by usui1966 | 2017-07-30 02:11 | Comments(0)

山あり谷あり

ここ2年間くらい
ずっと株式投資などのマーケットに参加して理解した事

「上がったり下がったりする」
誰でも解っているようで解らない世界

良い時もあれば悪い時もある

誰でも解っているようで解ってはいない

体現しないと理解できない感覚だと思う
頭の中だけの理解では難しい
たいていの人は、実体現前に自ら離脱を選択する

何でもそうなのだが
「良い時もあれば、悪い時もある」
避けられない事であれば、そう考えるしかない
例えば、人生そのもの
何とかして、良き未来を切り開こうともがくが

投資などの場合は「やめる」という選択肢があるために
「良い時もあれば、悪い時もある」と割り切れない
悪い時は、逃げてしまうことが出来るから
ただ、そのように考えている人には、投資での利益はたぶん無い
人生が壊れない程度の状況で撤退をする
賢い選択なのかもしれないが、そのような損失が投資家の利益になっている
そんな人達が現れては消え、その繰り返しがトレードの世界なのだろう

利益を出す人には、やめるという選択は無い
「良い時もあれば、悪い時もある」と、じっくり待てる・我慢できる性質を持っている
この感覚は、体験からしか身につかないかもしれない

[PR]
by usui1966 | 2017-07-27 22:55 | Comments(0)

ウキウキ

やっと新しい事がスタートする

構想から半年以上

とても嬉しいし感激もする

新たな企画のスタート
これは、新人でもベテランでも同じ気持ち

自分たちが提案したものが、世に出て評価を受ける
それらに、ウキウキしなければ嘘である

[PR]
by usui1966 | 2017-07-25 22:48 | Comments(0)

切り替え

仕事って

人それぞれ
生活リズムがある
リズムは大事だが、時には変えなければならないものでもある

休日と出勤
こんな分け方

仕事と休みと切り替えて過ごす

どう切り替えるのか
休みの日には仕事は一切忘れてしまう
そんな感じが多い気もする

己の考えを言えば
切り替えることが出来ない
切り替える必要もない
普段の考えと、同様に考えて保つ
仕事中だろうと、休みだろうと
同様に気持ちや考えは保つ

多くの人は
切り替えを理由に
一瞬忘れてしまう事を良きとする

忘れない方が楽である
忘れたいと思わない世界を作るの方が楽

一瞬でも仕事を忘れることが怖い

好きな事をやっているはずなのに
いつも怯えている自分がいることにも気がつく

いつも、何かに怯えている

きっと、そんな繰り返しなんだろう

[PR]
by usui1966 | 2017-07-25 22:36 | Comments(0)

防衛アイテム


d0003009_21242718.jpg



















先週、地元のお祭りを手伝ったのだが
これまでは、お神輿についていだが
今回初めて山車についた

古い物だが
素晴らし彫刻が施してあり
車輪も木製+鉄
その車輪は、T字の木製の棒で舵を取る

縁石でなかなか動かない山車を押そうとした時に
車輪が縁石に取られて、舵棒が膝にまっしぐらに飛んできた

気持ちいいくらいに足をすくわれ
体はちゅうに吹っ飛んだ

周囲の人の表情や対応で、かなり激しく飛んだようで、心配してくれるのが判る

だが、何にも痛くもない
かぶっていた帽子は数m先にあったが、体はなんともない

本当に不思議なくらいになんともなかった
反省会でも「大丈夫?」と何度も言われたが
肘にちょこっと擦り傷がある程度だ

家に帰って持っていたバッグから物を出すと
キーホルダーがバラバラになっていた
肝心のホルダーはひしゃげ、すべてがバラバラ

1週間経って、なんとなく思った

バックには、スマホ2台、財布、他が入っていたが
破壊されていたのは、キーホルダーのみ
その中でも、特に壊れていたのは
車のキー(ちょっと欠けた)
ほぼ使わない、会社の裏口の鍵が曲がっていた
あとは、ほぼ無傷

キーホルダーとは
年数が経てば愛着がある物が残ったりする

10年前に、娘が全中初出場した際に会場で買った、天童の駒

さらに以前に、骨董市で買った象牙の馬の根付(午年なので)

近所の職人さんから頂いた、竹製のLEDライト(竹製の竿と同じ素材らしい)

革職人さんから頂いた、生まれた年のイギリス製のコンチョがついたホルダー

それらを繋げていた金物は、ひどく壊れてしまったが
それらは、無事だった

これを、どう思うか
何も思わなくてもいい
実際に、今日までは何も思わなかったが
テーブルにある、バラバラになったそれらを見ていて考えた

それらは、ずいぶん長く持っていた物たちだ

最初は、不吉な予感を感じたが

何かの予兆のような気もした

山車は、神様と関係が深い

持っていたキーホルダーのアイテムたちは、一番長く持ち続けている物

すぐに壊れそうなスマホなどは無事で、キーホルダーのみが破損したが、アイテムは無事
そして、何より体がほぼ無傷

迷信深くはないが
今回の出来事は、色々と考えてしまった

これらのアイテムに守られたのかも、と

[PR]
by usui1966 | 2017-07-22 22:08 | Comments(0)

ずっと

「今のままではいけない」
「このままではいけない」

そう感じている
今も感じている
いや、いつも、常に感じている

たとえ、今が良い状況であろうと
いつからか、そのような考えが定着した

慢心からの失墜
安心や驕りからの放漫

そんな経験からの恐怖もあると思うが
慢心や安心、驕らないことが、結果的に楽ができる結果となり、小さな経験則の一部になった

いつも全てにおいて「このままではいけない」と感じている
自分に対しも不満だらけだ
この不満を払拭するべく、日々向き合っているのだが
理想には程遠い、己の力不足に落胆する

この考えは、一生変わらない気がする
つまり、生涯ずっと安堵の日は無いのかもしれない

[PR]
by usui1966 | 2017-07-12 00:01 | Comments(0)

「楽して儲ける」
そんなテーマで35年間歩み続けたが、未だに達成していない
今まで、ずっとそう考えて生きてきた、今もそう思っている
なかなか成えない事柄だから、今でも、もがきながら続けているのだと思う

きっと、必ず見つかる
そんな、宝探しを長年しているのだと思う

見つけようと思っている宝は、一つしかない
己しか貰えないし、己にしか価値もない物
新しい自分だけの宝を作って見つける

この宝を目指して
それなりの時間を要してきたが
今の自力では、まだまだ先が見えない

目標も目的もない
設定をしようとも思わない
自然に、そんなものが出来ることはいとわないが
ゴールや達成などは、無い

楽して儲けることにも、ゴールや達成は無い

徹底的に楽をするとは、ずっと継続することが条件

「より楽をするためには、ずっと楽ではいられないのかもしれない」
そんな考えを払拭できた頃が、少し大人になれた頃かもしれない

[PR]
by usui1966 | 2017-07-08 22:26 | Comments(0)

無題

母親の、グループホームからの老人ホームへの引越しに伴い
住所変更等で、実働丸1日間以上手続きで使った
まだ終わっていないのもある

一般的な引越しでも
住所変更等は面倒と思うが
ご老体の変更届けは数が多いことに驚いた
なんとか手帳や、なんとか証、なんとか保険
数もあるし、窓口もバラバラ、順序もあるし
支払口座の変更や、ネットバンキングの申し込み
本人でないだけに、さらにややこしい
なかなか呼ばれない「この待ち時間で、他の窓口の順番券をもらっておこう」
うろうろ呼ばれたか徘徊
病院など慣れた待ち時間なら、本などを読むなりして過ごすが

住所、名前、電話番号、その他
何度書いたことやら
住所が長い、番地の後に『在宅型有料老人ホーム・・・212号室』と書くために
記入欄が毎度小さすぎる、老眼の調子も悪い、なぐり書きになってしまう

やっていることは、大変ではない、主に住所や名前を書いて提出・受け取り
誰でも出来ることで、誰でもやっていること
簡単なだけに、こんな事に時間を使っていることにいらいらしてしまう
明らかに、何もしていない時間を過ごしているが、楽ではない

やらなければならないことなので、我慢してまとめて終わらせるが
委任状だけ作って、便利屋さんに頼もうかと本気で思った

今までは、施設の人にこれらのことは任せっきりであった
施設としての義務はなく好意で行ってくれていたのだろう
おれが独り身になったことで、なおさら助けてくれたのだと思う

施設も変わってしまい、これまでのような好意は望めない

親の面倒など見る気もなかったし
本人も、子供の世話にはならないと言っていたが
今は、そんな話もお互いにしない
おれも、何だか啓示のように感じている


実子として代理で手続きをしているが
実子という証明は持ち合わせていない
ご本人との関係『子』と書けば、たいてい通る
普段の生活の上で、何をもって親子の証明をするのだろうか
苗字も住所も本籍も違う、戸籍には残っているのだろうか?無いような気がする
戸籍やその他を遡れば、当然解るが、日常生活において親族の関係の証明は難しい

代理・代筆・面会が多い母親との関係を、書くことや問われることは多い
証明しなさいと言われたこともないし証明も出来ないが「長男」と言えば、ほぼ納得してくれる
これで良いのだろうかと、少し不安にもなるし、そうでないと困る
何度も行けば顔も覚えてもらえ、誰の関係者かすぐにリンクする
施設の人達は、完全におれのことを息子だと信じきっている(実子だが)

特養などの、痴呆症が多い施設などで
潜入型の詐欺など起こりそうだ
そんな馬鹿な、と思うかもしれないが
何年も会っていない弟や孫と名乗る人が来ても
本人は判らないと思う

[PR]
by usui1966 | 2017-07-04 21:32 | Comments(0)

バイナリー オプション

バイナリーオプションをやってみた

結論を言えば、早期に撤退した

利益を出している人もいると思うので
あくまでも個人的な感想だが

これは、厳しいと感じた

PCのスペックが関係しているのか
画面が止まる、狙った場所でポジションが取れない
タイムラグを感じる事も多い
致命的だ
一般的な株や為替の取引では、こんなストレスはない

なぜ?

半日くらいの間、久しぶりのワクワク ドキドキ感だったが

残念な方の想定内の結果だった

投資家やトレーダーから「バイナリー」などという言葉を聞いたことがない

つまり、そういう結論におさまった

あまり、長く書くことでもないか

[PR]
by usui1966 | 2017-07-03 21:48 | Comments(0)

圧倒的な時間

「成功者は孤独である」
よく聞くセリフだ
正しいような、間違い
雰囲気的には正しいと思うが

「成功者」その様に言われる人達は成功しているとは感じてはいないだろうし
自ら「成功者」と言っている人は??? 成功したいと思っている人

雰囲気的に正しいとは
孤独や孤立した状態ほど
集中力や想像力が高まることは実感している

「自分がなんとかしなければ」そんな状況も一番成長させてくれる
孤立感が満載の時でもある

没頭することは、孤独で孤立している状態だと思う

孤独は、好きではない
ただ、仕事においては圧倒的な時間の過ごし方でもある

会社に行けば同僚がいて、仕事が終わっても人がいる
いつも、誰かといる
それはそれで、とてもいい時間の過ごし方と思う

自ら孤独を作る人もいれば、望まない孤独もあるが

孤独な時間は
圧倒的な集中力と想像力が働く
日曜日に出社するのは、この様な事なんだなと今更感じる、効率がいいのだ
一人の状態の時間の積み重ねは、コツコツとした変化や、突然変異が起こる
普段考えている事との対話をしたり
事務的な仕事でも、半分の時間で終わる

その圧倒的な時間を有意義に使った人が、成功者と呼ばれることもあれば

また、その時間を間違った集中力と想像力に使うと、犯罪者にもなる
大きな犯罪には、この力が大きく関わっていると思う

それだけのパワーを蓄積し発する、そんな可能性を持った孤独の時間帯


チーム戦は重要であるが
個人の時間は圧倒的な時間でもある

解りやすく例えるなら
自主練習の時間と質である

仕事は、普段練習してきた成果を発揮する場所
そんな風に、皆んなが捉えれれば、その会社はすごいことが起こる

[PR]
by usui1966 | 2017-07-02 22:42 | Comments(0)