<   2017年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

スター

物事を容易く処理する

いろいろな、やるべき事、考えるべき事、問題事の処理や情報処理などなど
金儲けや、悩み事など

自分からみて、簡単に行ってしまう人がいる

営業で例えれば、たやすくノルマを達成する人もいるが
自分には、なかなかそうはいかない

自分には悩み事になりそうなクレームを、簡単そうに処理してしまう

そんな人間が必ずいるものだ

近くでは、上司であったり
憧れの人であったり

同じにんげんなのに、参っちゃうなあ

でも、いいと思う
そんなスーパースターをみながら
じゃあ、何をしようか

[PR]
by usui1966 | 2017-09-28 23:34 | Comments(0)

諸刃

人ってのは、とっても弱い者だ
ある意味、全員弱者
それとも、自分がそう考えているだけなので、そうでもないのか

いろいろな経験や体験、いくら知識を上乗せをしても
辛い状況ってのは必ず来る

どんなに心苦しい過去を克服してきても
違う辛さが芽生える

つらいって、なんでからいとも読むのだろう

楽しいと、つらいはセットなのだろうか

両方揃わなければ、どちらも感じないのだろうか

できれば、いつも楽しくいたいが
なかなかそうもいかない

その時のつらさなど
きっと近未来では克服できる、だから今がある
だが、リアルタイムでは
克服不能、と思い込んでしまう

だいたいは、自分の思い通りに行かないことで生じる感情
「思い通りになどならない」と感じていれば、少しは軽減されるが
イメージを大事にしている人間にとっては
思い通りにならないことは、想定内であってもダメージが大きいものだ
それは、イメージを今まで多く形にしてきたとも言える

客観的にみれば
大した事では無いのかもしれないが
我ながら、弱い人間だと痛感する

本当に脆い

この脆い鋼を、何度も打って鍛えるしかない

素材は変えられないのだから

[PR]
by usui1966 | 2017-09-27 21:17 | Comments(0)

成す者

成す人の共通点は
集中力と思う

集中力の使い方は、それぞれ違うと思うが
やっぱ集中力が全てだと思う

与えられた時間で発揮するしかないのだが
それが、長い短いもあるし

長い時間、集中できるのが好ましいが
その、長い時間というのもそれぞれで適当な時間である

集中した思考から生まれた積み重ね
そんな事が全てだと感じる

集中していない時間を長く使うのは、共感できない

危機感もなく向上心もなく
そんな日々は無駄ではないが、なんとなく成せないと感じてしまう
何かを成そうとも思っていないのだろうと感じてしまう、余計なお世話なのだろう
みんなが何かを成すことを望んではいないし、そうあらねばならないとも思わない

ただし、必ず言えることは
自分が、何も成そうとしなくても、成そうと思っていても
きっと、何かを成そうとしている人の下に、いるということを自覚し、感じるべきである

[PR]
by usui1966 | 2017-09-27 00:29 | Comments(0)

死んだ気になれれば

さて
寿命や死を考え出すのはいつくらいなのだろうか
明日事故で死んでしまうかもしれないし、病院で思わぬ宣告をされるかもしれない

そうなんだ
自分はいつ消えてしまうかわからない

そんな風に思ったのは、ちょっと前

どうせ死ぬんだからと本気で思った行動は、面白い

情けないことに
自己防衛が働き、保守的な本能が動く

何度も言い聞かせたはずだ
くだらない意味不明な衛り、自分の臆病者は排除せよ

どうせ死ぬのだ
なら、なんでも出来るし
何にも媚びない

寿命(死)の決定は、判らないので
なんとなくで過ごしているけど

仕事で言うような、納期が死であったなら

その納期まで一生懸命尽くすと思う

とにかく
だらだらと生きるのは嫌だ
一つ一つの判断を、明日は死んでいる前提で発したい

[PR]
by usui1966 | 2017-09-23 02:06 | Comments(0)

情報処理の格差

刻の流れとともに時代背景が変わっていく

それを早いと思うか、遅いと思うか

バランス的には、どっちとも感じない方が過ごしやすかと思うが
おそらく、多くの人が早すぎると感じていると思う

ついて行かなければ置いて行かれる、取り残されてしまう
そんな感情におされ、諦めてしまう人も多い

新しいことが大好き
はたや最新の情報に触れるのも嫌
本当は嫌ではなかったが、知るまでの過程が辛い
知る人は、独学や興味から学ぶために、知らない人を努力不足と認定する傾向にある
苦手意識を持つ人は、ますます知る機会を失う

情報処理能力の格差が広がる

30年前は、ほぼパソコンなど無かった
今使えない人が大勢いても不思議ではない



ただ、どっちがいいと決めつけるのには、時期尚早
ITやAIという言葉をよく耳にするが
まだまだ、人間力の世界である
そんな便利な世界に頼らないで生きて来た人の能力も、また壮大である

[PR]
by usui1966 | 2017-09-21 23:52 | Comments(0)

無題

美術、芸術、工芸、それらのものを
みたり、その過程を知るのが好きだ

幼い時から、そのような部分に目が行って興味を示していたことを思い出す

中学の頃、アコースティックギターに少し興味があったのだが
ギターを見て、最初に気になったのは、ギターに施されていたちょっとした螺鈿の飾りだった

ゴルフを始めてみたけど、一番の興味はパターの金属の削り出しから作られる造形美だった

彫刻、絵画、陶芸と自分でもやったことはある
とても上手とは言い難いが、作品と向き合う時間は集中し、とても面白い

最近、日曜美術館や美の巨匠などの民放以外に
youtubeで、若手の伝統工芸職人を見るのが日課だ

楽しみにするほどの時間ではないが
見ていて飽きない

[PR]
by usui1966 | 2017-09-18 21:34 | Comments(0)

自由

自分もしかり多くの人が自由になりたいと願うが、不自由だと考えている

自由になりたいと言うだけで、思うだけで、理想的な自由になるための行動は起こさない

本当は、自由になどなりたくないのかもしれない

ある部分では自由になりたいが、ある部分ではなりたくない
そんなところかもしれない

自由
束縛を受けない、何事にも支配もされない、自分の行いたいようにする
そんな本来の自由は、現実的には難しいが
近い環境は、誰にでもできるはずだが、自由にも色々な考え方がある

テーマを与えられないと何も思いつかない
指示を受けないと何をしたらいいのか判らない
他人が作ったルールが、自分の指標となり疑わない
上記のような人は不自由なのだろうか

多くの人が自由になりたいと願うが、不自由だと考えている
だけど、本当に不自由なのだろうか
自由とは、自分の行いたいようにする
みんな自由な決定の上に今がある
不自由だと思うことを自ら改善しない限り、その不自由は自由な選択の結果で、自ら望んでいることになる

日本人の多くの人は自由に生きている


OFF会の参加表明は本日で終了いたします
ありがとうございました

[PR]
by usui1966 | 2017-09-16 22:36 | Comments(0)

今時の若者

「今時の若い者は……」
そんな言葉を久しぶりに耳にした
もう死語と思っていたが、まだ使われていた
たまたま耳にしなかっただけなのだろうか

今時の若い者はどうしようもない
などとは、今時の年配者は今でも言っているようだ
自分が若者の頃にも言われていた
きっとその以前からずっと言われ続けている言葉なのだろう

「今時の若い者は……」と感じるのは
生きてきた時代の違いから
時代が違ければ、努力の方法も内容も変わってくる
自分の時代に置き換えてしまっての言葉なら、時代錯誤と言ってもいい

何れにせよ
いつの時代も「今時の若い者は」と言われた若者達が次の時代を背負っている
年配者が言う当時の努力や考えは、参考にはしても今時では通用しないことも多い

だが、そういう風に若者を見下す人は少なくなったように感じる
むしろ、今時にはついていけないと嘆く年配者の方が多い気がする

変化のスピードと
その必要性が明確な時代ならではかもしれない
若者批判をする余裕もないくらい、変化のスピードが速い

[PR]
by usui1966 | 2017-09-13 23:47 | Comments(0)

OFF会

このブログへの投稿も
12年と半年を過ぎました
僅かではありますが、読者もいますので
OFF会を開いきたいと思います
参加される人の地域や都合で
場所は未知数ですが
全国を対象としています
どこで開催されるかは、不明ですが
参加に興味がある方は、コメントにて返信用メールアドレスを記載の上、ご記入下さい
コメントは、公開されません
また、個人情報の流出の保全は守ります

[PR]
by usui1966 | 2017-09-12 23:01 | Comments(0)

やり直し

人生は、やり直しが出来るという
確かにそう思う
多くの人がそう思っていると思うが
やり直しを望む者はいないし、多くの人はやり直しの経験が無い

『やり直し』その程度にもよるけど

0からのスタート、マイナスからの再出発
やり直しとはそういう事と思う

転職などはその類では無いと思う
転職は、その時点では様々な意味で現状維持である

やり直しとは、今まで積み重ねてきたものを全て失い
精神的・資金面で、始めた0地点またはマイナス地点からの再スタートを意味する

やり直しと言える経験をする人は少ない
だた、やり直しと言っても色々あるので一概には言えないけど
そもそも、やり直すと言えるほどの今があるのかも重要である

大きなやり直し、小さなやり直し
大きなやり直しを経験し成立させた人は、小さななり直しなどは楽しむ傾向にある、または必要な経験と思っている

人は、やり直し力
ゴキブリや雑草のような生命力が必要だと、二十歳の頃に感じていた

30年以上付き合いがある4つ上の仕事上の先輩から
約20年前に「お前はゴキブリみたいだ」と言われたことがあり、とても心に残っている
その時も、今も、心底に褒め言葉と感じている
今、その時の話を本人にすると「忘れた」というが、おれは忘れない
とても重要な言葉だったし、おれはゴキブリだから雑草だから、死なない限り瀕死になっても必ず再生すると思い込んだ

そんな思いが
臆病を蹴散らし前に進もうとするが
大したことも成せずに毎度スタート地点に戻されている

う〜ん?

[PR]
by usui1966 | 2017-09-12 22:36 | Comments(0)