<   2017年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

自分次第

ずっと、こういう方向になりたいと思ってきた

「こうなりたい」とは、ちょっと違かったので、少し志は足りないかもしれない

ただ、最近「こうしたい」という事が数字で表れてきた

これは、初めての現象である

目標は、持たない方が良いと思う
これは今でも変わらない
ただ、いつか辞めると決めていることには、辞めるラインが欲しいと思った

そのラインまでたどりつけれるのか

収入において、高収入の人をうらやましく思うのは自然であり、その自然の気持ちに従え
おれだって同様に思う
別に思うことは悪くないし、むしろ良いことと思う

一種の憧れと同じ
プロスポーツ選手、芸能人、有名経営者
「こうなりたい」そう思うことがなぜ悪いか、もちろん悪くはない

年収数千万、数億の人をどう思うか?
ただ、うらやましく思うか?

年収1,000万円以上の世帯は、10%程度いるらしいです(あくまで世帯)
ただ、税金が高いので1,000万円もらってもそれほど裕福には暮らせないと思う

スーパー企業に勤めれば、平均年収2,000万もあれば
やっと300万円ってのもある

ただ、こうなりたいと思うことは平等で
こうなりたいと思わなければ、一生なれない

娘たちは、以前スポーツをやっていたが
一番を目指してやっていた
一番になれなかったとしても、目指したことで限りなく一番に近づいた

なんでも同じことが言える
そこにたどり着くのは、本気で目指したものだけから選ばれる
ただし、スポーツの世界と違うので、全員が優勝できる可能性はある
年収1,000万円以上欲しいのなら、目指さなければ一生もらえない

1,000万円というと、ちょっときりがいい数字
もらえそうで、もらえない
そうなんです、もらおうとするとハードルが高い
1,000万円以上〜遥か彼方は
自分で掴むんです

[PR]
by usui1966 | 2017-12-28 20:53 | Comments(0)

金持ちの習慣の一部

金に裕福な人の特徴
そんなテーマは、YouTubeを見れば腐るほどある

その特徴や風水などで、見たり聞けば8割くらいは納得できる
あげたらきりがないけど、ほぼ頷けることが多い
だいたい同じことを言っているとも思う
その人の性格とも言えるし、その性質や特徴からの結果とも言える

これらは、若くして備わっているものもあれば
経験や勉強を積んで備わる場合もある

ただ、これらのテーマの王道
『財布』
財布は、こうだ、ああだ、こうじゃなきゃいけない
半分くらいは理解できるが、あくまで半分だ

レシートでぱんぱん
カードでぱんぱん
とにかく、いつ利用するかわからないカード、ポイントカード、診察券などなどでぱんぱん
こんなの、論外、当たり前、財布は道具なので使いにくいのはアウト
管理面での問題が露骨に出てしまう
自己管理が出来ない人は、大抵は金には縁遠い
または、一時的に金が入っても、将来は金には見捨てられる

さて財布
揃ってなきゃだめ?
折れてたらだめ?
良くわからん
紙幣なんて、その名の通り単なる紙であり消耗品だ
揃っていようが、折れていようがどうでもいい
ただ、管理しやすく支払いやすいようであればいいんじゃないの

「長財布じゃなきゃだめ」
財布はこうじゃなきゃだめってのは、どうも感心できない
「マジックテープはだめ」とか
金持ちのアンケート結果のような意見が多いのが『財布』に対しての結論のようだ

これだけ言われてしまうと、みんな長財布を持つし
そして、尻ポケットには誰も入れない
こうしなければ金持ちにもなれない、風水的にも良くないし、とりあえずやってみよーか…
こんな程度で金持ちにはなれないー
財布も、住まいも、職場周りも、生活や仕事をしやすく整理しているだけに過ぎない
こうすることで、時間や金が捻出できるだけのこと
その捻出をどう生かすかが、金持ちの出発点
今、おれは、やっとその出発点に立った気持ちでいる

おれは、マネークリップ(カードが少し入る)を愛用している
金持ちの習慣にも風水的にも、何も出てこず当てはまらない

単に使いやすく管理がしやすいのだが

いくらあるのか
カードも少ない
レシートなど入らない

財布の分野に
クリップを入れて欲しい
これは、金持ちの習慣ではないのか?

[PR]
by usui1966 | 2017-12-28 19:57 | Comments(0)

それぞれの

会社員として働き始めてから
ずっと、行った分は対価で欲しいと思っていた
その時の対価は合わないと感じていたから
だが、それは会社員としての立場では難しいのだと感じた

出来高、成功報酬、全ては自己責任
これらをよしとする者は、会社員を辞めて経営者になる
不満がありつつも、踏み出せない者
または経営など全く望んでいない者は、その会社のために時間を注ぎ働く
どちらも悪いことではない、どちらも必要な人たち

ただ、いけないなあと思うことは
自分の力量不足を不満で表す人
こういう人は、もう相手にしたくない

望んで経営をしている人の考え
望んでその会社で働いている人の雇用
そのどちらも成立させるのが、大なり小なり経営者のたった一つの仕事である

[PR]
by usui1966 | 2017-12-27 00:16 | Comments(0)

仮想通貨(暗号通貨)

今年は仮想通貨元年とも言われた
仮想通貨の代表格『Bitcoin』も年初から20倍程度上昇した

去年までは無かった税法も慌ただしく導入され
日本でも放置できない状況になった証だろう

日本では、2014年のマウントゴックス事件があり
仮想通貨は危ないと、今でも染み付いておりそう思われている
確かに取り組み方によってはリスクが伴う投機的な手段である

仮想通貨への現在の参加人口は、5%程度らしい
ここのところの値上がりで、仮想通貨バブルという人も大勢居るが
参加者5%程度でバブルなどというのだろうか?
10%を超え15%程度の参加人口があり、さらに高騰していたらバブルなのかしれないが
ごく僅かの参加者で、バブルなんて言えない
たとえバブルであったとして、この泡がはじけても
世の中にはそれほど影響を及ぼさない

仮想通貨は、危ない
そんな根付きがまだまだ深いので
今のところ参加者の多くは、一攫千金を狙った20代30代の若者が多い、バブルを知らない世代でもあるし、経験が邪魔をしないフレッシュな思想の持ち主とも言える
大手企業は、仮想通貨の仕組みの一部であるブロックチェーンなどの試みも進めている最中であり
現在進められている様々な試みが、大衆の知るところになると
世の中が一転して、仮想通貨への拒否反応が無くなる
日本人は、特に大手企業のネームバリューに弱い

現在は、若手が中心になって仮想通貨の総資産額を上げているが
追って大衆が投資対象や利便性を知ることになると
40代や50代以上の人たちの資金が流れてくる
今までの参加者より、多くの資産を持った人たちである

この流れを体験したいと
仮想通貨には今年から少し参加している

参加者が10%を超えて
総資産額が、今の5倍程度になった頃、きっと一番の盛り上がりを見せているだろう
その辺りが、引き時だとも思っている
そうならずに、何事もなく吹き飛んでしまうかもしれないし
1年以内にそんな状況になるかもしれない

[PR]
by usui1966 | 2017-12-26 23:51 | Comments(0)

人はたくさんの旅をするべきなのだけど

ここのところ旅行にすら行かない
行きたいのに行かない、行けば良いのに行かない

たくさん旅行などを通して
たくさんのものを見て、経験することが、人の旅だと思う
物質に金を使うときは少し考えてためらうが
旅に関しての出費は、あまりためらわない

新たなもの、改めてのもの
見る、知る、体験する、そんなのが旅とするのなら
どこか遠くへ行かなくても旅や冒険は常にできる

「可愛い子には旅をさせよ」などの格言もあるが
この旅は、ただ遠くへ行くなどの浅いものではないと思う

人の旅とは
きっと、人生において成長させてくれる経験すべてを指すのだと思う


旅行したいなあ

[PR]
by usui1966 | 2017-12-26 23:17 | Comments(0)

欅坂

欅坂48の動画を見ている

すごく勉強になるますね

想像でしかないけど、プロデュースの気持ちになってしまう

彼女たちの楽曲とパフォーマンスで惹かれているのだけど
その両方は正しくて何も不思議ではないのだけど

乱れない洗礼されたパフォーマンスと
彼女たちが発している「これは違う」という歌詞は矛盾している

だから良いのだろう

[PR]
by usui1966 | 2017-12-26 00:12 | Comments(0)

苦手

ネットでの集客競争は激しい

常にさらされている環境であり
その競争を勝ち取るべき、一つの重要な手段でもある

ネットは全てではないが、全てと思っていた方が無難だ

ネットを軽視した時点で=無になってしまう=ネットを利用しない言い訳がましい理由が生まれる

よく年齢を言い訳にするが
こんなものは、年齢などは関係ない
ようは、必要か不要か、ただこれだけ
「おれには必要ないとか」そう言う人はリーダーとして本当に生きているんでしょうか?
出来ないことを理由にするのではなく、出来ないのであれば出来る人に託し、自分の仕事に専念するのもあり
ただ、今後ネットとは仲良くしないと思う人は、きっと本当には大事にされない気がする
今まで、これは出来なければいけないと思われたのと同じように、ネットは最低限に必須

出来なければやってください
大事なのは必要と思うかどうか
自分が苦手なことを、必要と思いつつ拒否してしまえば難しいね

[PR]
by usui1966 | 2017-12-25 23:24 | Comments(0)

テスト

ブログで、あることをすると
とんでもないことに発展するらしい、ということを聞いた

なので、早速テストしてみることにした

10年以上やっているブログを使い
せっかくなので、ちょっとそのあることを試したいと思う

その経過は、いずれ報告できればいいかなあー

[PR]
by usui1966 | 2017-12-25 22:54 | Comments(0)

職業とは

先日、面白い社長さんとご飯を食べた

その話の中で
「職業を聞かれた時に、なんて答えますか」という話題になった
これは、私が投げた質問だけど、その社長さんはちょっと困ってた

私の答えはこうでした
「一般的には、業種である『看板屋』と答えますが」
しかしながら、本心では、自分の実態を言うのであれば
大なり小なり「投資家」だと思う
人を雇って、資材や設備を買って、それらを使って利益を上げる
または、株やその他に投資して利益を上げる

業種にこだわる人がいるが
業種というより投資家という職業

身内ですら、おそらく最近まで何をしている人か解らなかったと思う
もしかして、今も解らないかもしれない

[PR]
by usui1966 | 2017-12-25 22:49 | Comments(0)

スタート

約2年間
投資について、自分比ながらちゃんと勉強した(継続中)

株を投資というのであれば
15歳から行い負けて、20代で信用取引でさらに負けて
先物で一時的に終わった
ただし、この頃の出費は今思えば投資とは言えない
ただの浪費

ギャンブルとも言えない
必ず出費する過程
一か八かのギャンブルとすら比べることができない浪費

その程度の知識やメンタルでは
決まりきっていた支払いに過ぎない
正直この時点で、手を出した時に勝負はついていたんだろう

最初に、株を買ったのは15歳のときだったけど
ずっと、金融投資世界から脱落ぜず興味を持ち続け、真の勉強が結び
やっとスターラインに立てた

これからが本番

[PR]
by usui1966 | 2017-12-25 22:36 | Comments(0)