発奮材料

世界選手権二日目
寝不足になるのと、CMとかいらないシーンが多いので、今朝、録画を見た
30分もあれば試合は見られる

中村美里選手優勝
初の世界タイトルとなった
一皮向け安定した戦いだったと思う
ちょっとベテランぽい試合運びにも見えたが
あのように戦わないと、ヘンテコな技を喰らってしまうのだろう

相原の先輩として応援もしている
勝って嬉しくもあるが、ファンではない
特に相原勢が優勝すると
喜びは半分程度、他の思いが半分を占める
相原勢は同門の仲間でもあるが
仲間意識より、ライバル意識の方が優っている
同門を常に応援はしているが、それ以上に敵意も持っている
彼女達の活躍は、自分達を引き締める良い発奮材料
100%の応援は、子供が引退してからで良い
[PR]
by usui1966 | 2009-08-28 06:57 | Comments(2)
Commented by レンジ at 2009-08-30 17:32 x
確かにうれしいことですが
応援はわが子優先ですよね
そこがなくなったら本当に一柔道ファンですもんね!
打倒、中村!目標は大きくもって
選手は特に
相手を蹴落とすぐらいの気構えが必要ですね!
Commented by チュウ at 2009-08-31 08:39 x
娘が現役のうちは、一番の応援者であり理解者でありファンでいたいです。
誰が何て言おうと「お前が一番だ」と信じきりたいと思います。
そういうことなので、テレビに出ていようが、全日本に出ていようが、同じレベルの視線、同じ土俵から見ています。
中学柔道も終わったのでなおさらです。



<< ドーンと鳴った花火 無題 >>