読書

仕事がとても慌しい
多様にわたる用件で、約束を忘れそうになるときも
一つ一つの内容は薄いが、コツコツ動き対応している
元来、効率の悪い事は大嫌いだが
今は、未来の為に効率を考えずに動いている

運転している時間も長い
今日は食事中と信号待ちとで本を一冊読みきった
蓮池透さんの『奪還』
拉致被害者 蓮池薫さんの御兄さんの本
BOOK OFFで適当に買ったもの
本を読む時は、反対意見を入れながら客観的に読む
そうしないと、本に洗脳されてしまう
社説など読む時は特にそうしている
他人の考えを聞かせてもらうに止める
にしても、日本の政治家はどうしようもないと思った
拉致した国が悪いのだが
同レベルで日本の政治家も悪そうだ
この本を読みながら
以前透さんが行なった記者会見のシーンがいくつか浮かび
しかめっ面で、常に怒っていた事を思い出した
あれは、対北朝鮮もさることながら
日本の政治に嫌気がさしていたのだと理解した
そういう自分も、拉致には無関心の一人だったが
[PR]
by usui1966 | 2009-09-15 23:59 | Comments(0)


<< 時間 買い替え >>