Apple

いま車の運転中に、少しづつ読みすすめている『スティーブ ジョブズ』
ぶ厚い2巻の1巻目が終わりそうだ

Appleの製品は、初代iPhoneを使って
はじめてすごいと感動したが
仕事柄、AppleのMacは、20年くらい前から常に二三台はあり
それは今もモデルを変えながら続いている
しかしながら、自分ではいまだにMacは使ったことがない
マニアックなPCだと感じていて、いまもそれはあまり変わらない
AdobeのIllustratorを動かすために必要なだけで
同じように使えるのなら、Windowsの方が良いとずっと思っている
互換性の無さ、融通のきかないコンピュータという感じがいまだにとれない
(それは、iPhoneもiPadも同じだけど)
そんなMac製品の個性が、スティーブジョブズの伝記を読むととても理解できる

ジョブズ自身は、シンプルでスタイリッシュなPCを世界中の人にとの思いがあったようだが
一部のファンのPCという印象はいなめない
20年前から、いつもそばに有ったけどそのように思う

その超マニアック代表のジョブズが
PCでできなかった、一般受けを
音楽プレイヤー、携帯電話、本のようなPCで
考えや方針は一切変えずに、やってのけた
最初にiPhoneを使ったとき
ボタンが一個しかなかったので、Macに似てると思った

基本的な考えは、Macと変わらないはずの
iPod、iPhone、iPadらを
Macを使わない人たちが
これらを受け入れたのは、自分もふくめ奇跡だと思う
ただし、ジョブズがこだわり続けた、非互換性を捨てた結果でもある気がする
初期の段階では、iTunesは必須であり
もしiTunesが、Macでしか起動しなかったら、全く売れなかっただろう
iPhone使用者の大多数は、WindowsでiTunesを使っている
iPhoneやiPadを使って、Appleが好きになり
iMacなどへ変更した人は多いかもしれないけど

非互換性を一部妥協した結果だが
個性的な新しい世界
ジョブズはマーケティングはしないと言っている
その質問には、このように答えた
「ベルが電話を発明した時に、マーケティングをしたと思うか」
この回答に、スティーブジョブズという人が集約されている気がする
消費者が欲しいと感じている物を作るつもりはないようだ

スマートフォンとタブレットを、毎日愛用している者として、とても感謝している
ジョブズのおかげで、生活もかなり変わった
一言でいえば、スマートになった
形はまったくスマートじゃないスマホだが
スマホのスマートとは、生活環境を意味するのだと思う

現在、iPhone4sとiPad2を愛用している
まもなく2年になるが、買い替えに戸惑いを感じている
ジョブズ生前最後のモデルだからだ
以降の商品は、どれも既存のバージョンアップみたいで魅力がない
ジョブズがいないAppleはどうなんだろうか
ジョブズがいない頃の潰れそうなAppleには戻らないで欲しい
[PR]
by usui1966 | 2013-07-03 22:25 | Comments(0)


<< クイック かつじ >>