目先の利益にならないことに、金を使う

ビジネスにおいて、いろいろと仕込んでおいた事を
そろそろ、少しずつ意図的に動かそうと思う
本来ならば、一気にと行きたいところだが
受け入れ態勢が整っていないため、少しずつだ

実践テスト、結果判断と修正の繰り返しなのだが
これらが、とても必要で重要な行動と考えている

個人でも、企業でも
金銭面での強さを保つには
金銭をどのように使用していくかだと思っている

金銭面で、より良く生き抜くには
どのような種類の金銭が必要か

1、収入(企業であれば利益、とうぜん多い方が良い)
2、蓄え(企業では内部留保にあたる、これは多ければ良いとも一概には言えないと考えている)
3、投資

3の投資こそ、より良く、強く生き抜くためには、絶対的に必要だと考えている

先行投資なので、すぐには収益に結びつかない、ずっと結びつかないこともある
そして、膨大に時間を使う、金も使うが
先々への投資が出来るか、出来ないかで、大きく未来が変わる

先々とは、必ず訪れる時なのだから
スパンの少し長い仕事と考えれば、投資という言い方は間違っているかもしれない

今行っていることは
去年考えたこと、3年前に準備したこと
今考えていることは、2年後に形になること
そんなふうに、考えて行動する

企業でも個人でも
中期、長期的な、計画が描けて
実行に移せる行動力と、資金力は必要だ
投資は収入の一部から捻出するもので
投資を行う分、より多くの収入を得る必要がある

計画倒れになることもある
その方が多いかもしれないが
より多い収入を目指し、貯蓄や消費をしているだけではダメだ
投資を行わなければ、収入は減る
貯蓄を食いつぶした後は、何も残らない

財布の金は、単なる消耗品だ
金は、財布に入った瞬間に、消耗品になる

[PR]
by usui1966 | 2015-10-19 20:30 | Comments(0)


<< 漢字 勉学 >>