トライ&エラー

ビジネス用語と言うのだろうか
意味が解らない言葉を使われる事が多い
じじいになったと言われればそれまでだが

今でこそ解るが、例えば
B to B
B to Cとか
これは、かなり使われる

Bはビジネスで、Cはコンシューマ
今では解るが、言われた当時は???

他にも沢山ある
特にITかな?と思われる人たちから聞く言葉は解りにくい

そもそもITの原文を知っている人も? 勘違いも多いと思う
カタカナでは、インフォメーション テクノロジー
けっこう、インターネット テクノロジー と思ってしまうが
このさい、どうでも良いような気もする
うん、どうでも良い

しかし、テクノロジーという言葉は大事な気もしている

そんな中で、流行りの言葉? かなあ
「トライ&エラー」ってのがある
正確には、トライアル&エラーらしいが
英語は苦手なので、これもどうでも良いこと

この言葉は、けっこう好きだ

つまり、試行錯誤ってことだが
試して失敗して
本気で突っ込んで、失敗して
絶対いけると思って、失敗して
そんな事の、繰り返し
エラーばかりの人生だけれど

元々、好きな考えなので
今後も、賢者のように歴史には学ばず
エラーを繰り返し、経験に学ぶ愚者なのだろう

今更
トライ&エラー などと
最近知ったみたいな言葉に置き換えたくはないのだけど

良い言葉でもあるし
踏み込める言葉でもある
当たり前の行動でもあるし

[PR]
by usui1966 | 2016-03-15 00:46 | Comments(0)


<< スピード 安泰 >>