テスト

『薄利多売』

少しの利益で、たくさん売って利益を出す

これなら成立するけど
ちょっと言葉を移動してみる
『多売薄利』
ちょっと、ニュアンスが変わってくる

たくさん売っても、ちょっとの利益
または、たくさん売っても赤字

『薄利多売』は一つの成功の方式だと思う
たくさん売る必要があるので、たくさん作って、たくさん人も必要
世の中の多くが薄利多売の世界で動いており、働いている

『薄利多売』の反対語は?
ちょっとググったが、よく解らない
自分の言葉で言えば
「付加価値による高利益」

薄利多売の反対語と思っているが
反対語だからと言って、同時進行が出来ないわけではない

どちらかに方針を決める必要もない

どちらが良いのか判らないのであれば
どちらも同時に試せば良い

あくまで、テストの段階であれば

テストとは
やることに意義があり
やってみないと、見えてこない

[PR]
by usui1966 | 2018-02-26 22:31 | Comments(0)


<< 浄化の時間 思い通り >>