悪習

提出の必要があるから
そういう決まりだから
行かなきゃいけないから
その様な手続きだから
恒例だから
いつもそうだから

普段の生活の中で、必要なこともあれば
全く不要、または害しかないのに、いつまでも改善しない悪習が多すぎる

仕方なく便宜上で我慢している人もいれば
全く疑問も持たずに生活している人もいる

悪習は最悪
行わせている側も、行っている側も
なんの違和感もなく行動している人が多すぎる

無駄な
会議や会合、行政や司法へ何かと行かなきゃいけないこと、申請の方法
その行為や時間を使っても、ほぼ効果は得られない
改善した方が良いような事ばかり、バカな決まりのせいでの被害者と思う
税金の無駄使いと言うが、仕組みすら無駄なので困ったもんだ

そんな事なので
便宜上しょうがない事を除き、出来るだけルールは無視したいと考えている
あくまで、自己責任と判断の範囲になるが
悪習に付き合わされるのは、最低限に止めたい
なので、自分の責任において、ルールも率先して破る

司法や行政、大企業などには悪習が変えられない最悪がある
悪習が変えられないために、どんなに悪くても国は今ところは潰れていないが、税金の負担は増える一方通行
民間は、大企業だろうと潰れてしまう

その点においては、小さいことが勝る部分がある
個人や小さな組織は
ルールなど、すぐに変えることが出来る
良いと思えば、今日新しいルールを作ることが出来る
違うと思えば、そのルールをすぐに変えることもできる
悪いと思えば、悪習にする暇もなく変えることができる

個人や、小さな組織が、悪習となってしまうと寿命も近い

[PR]
by usui1966 | 2018-05-22 22:41 | Comments(0)


<< 「仕事は選んじゃいけない」? 絵空事にはしない >>