方針

上南 古谷塾の募集計画

ゆっくりのペースだが、着実に進めている
チラシのラフが出来たが、なにか物足りない
入れる内容がない
とりあえず、これを見てもらって付け足していこう

子供が7年間門下生だった古谷塾
妻は今も指導者登録で籍を置く
昨日、ふと思ったが
古谷塾は、他の道場では当たり前の事を行っていない
○色帯がない(これは結構他の道場もある)
○受身をやらない
○出稽古に行った事がない
○遠征はしない
など

古谷塾の特徴であり、好きな部分でもある

まず大事なのは
「毎日、道場でコツコツ努力をすれば強くなる」
そんな先生の方針が解る
確かにそうだった

出稽古や遠征に行って
様々な選手とやり
自分より強い相手とやる
確かに頭では、そのほうが強くなると思ってしまうが
小学生のうちは
毎日地道に、同じ事の反復が出来る事が大事だと思う
稽古相手が少なくても
強い相手がいなくても
毎日の努力で強くなる
[PR]
by usui1966 | 2009-05-20 23:59 | Comments(2)
Commented by いちご at 2009-05-21 16:08 x
うちは、まず、礼法・受身、柔道衣の着方・帯の結び方。
遠征はないですね。出稽古も少ないです。

道場とクラブの違いはあれど、先生方は柔道が好きで熱心です。
年齢を超えての練習は厳しくもあり、楽しくもあり・・・色んな部員がいて、色んな先生がいます。

勝つことだけではなく、永く続けて「柔道」の魅力を知ってほしいという事でしょうか。
柚も兄も、部員の少ないときでしたが、丁寧な指導と励ましの言葉で育ちました。

古谷塾の特徴をいかした、部員集めをして下さい。
応援しています。

Commented by チュウ at 2009-05-22 09:29 x
今回は、「入門してもらって長く続けてもらう」が最大の目標です。
指導も優しぃ~くするようです。
道場によって個性がありますね


<< ゴミ出し 頼まれやすいのかなぁ? >>