<   2018年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

勉強と研究

大学の教授の言葉で
「勉強と研究を交互に常に行っていく」という話があった

ここで言っている「勉強」とはインプットであり
「研究」はアウトプットを表している

例えば
勉強とは本を読む行為であり
研究とは本を作る行為

勉強したことを
立証するための行為が研究である

勉強と研究を交互に行い続ける
そのどちらだけではいけない

正しくそう感じた

日々勉強していることを
自分の考えは正しいのか、現実世界で立証しようともがいているが

研究とか実験とかに言葉を置き換えれば
日常行っている作業に過ぎず、焦る必要もない

この物質を入れれば化学反応を起こすのか
この記号を置き換えれば、違う結果が出るのか

言葉の違いだけで
普段から似たようなことをやっている気がした
いっそ、か学者の気持ちになれば
チェレンジなどと大げさな表現ではなく
新しいことへの行動は、単なる日常の作業でしかないのかも

ただ、こちらは
予算を自分で捻出しなければならないのだが

[PR]
by usui1966 | 2018-07-17 23:57 | Comments(0)

『ネットワークビジネス』

最近、新しいビジネスの準備をしている

『ネットワークビジネス』

日本では、いかがわしい活動としての認識が高い
自分自身も、今まで見向きもしなかったビジネスだ

20代の頃、アムウェイとかを耳にして
ネズミ講とか、マルチとか耳にして
アホな活動と認識していた
つい最近までそう思っていた

アホな活動とは「絶対に上手くいくはずがない」と思っていた

これが「上手くいくかもしれない」と思ったらアホな活動ではなくなった

あれから30年が経ち、考え方も変わった
当時ではまず難しかっただろう
誰でも成功するものなんて無いのだから
ただし、成功者が存在する以上
失敗した人など、ただの負け惜しみに過ぎない

なんでもそうだが
失敗する奴は、何をやってもダメだが
成功する奴は、それなりに説得力がある

[PR]
by usui1966 | 2018-07-04 22:46 | Comments(0)

会計税理

中小企業の経営者の多くが、経理・会計にあまり興味がないという統計を知った

本業じゃない部分は税理士に任せとけ、といった心理は解らないまでもないが

だが、商売をしたことの無い税理士にどの程度任せられるのだろうか

専門家に任せることは、時間を有効に使う事につながるが
知識のアドバイスを聞くことはあっても、任せるなどはしてはいけない
それが、あくまで会計士であって税理士だと思っている
なので、大なり小なり経営者は会計税理の知識と責任は必須




[PR]
by usui1966 | 2018-07-04 22:27 | Comments(0)